【春のベランダ菜園】40日で収穫!初心者にうってつけの「ラディッシュ」
2017.04.02

「普通のマンションのベランダでもプランター栽培は十分楽しめます」とベランダ菜園セラピストの宮田範子さん。日照時間が長くなり、気温も上がってくる春先は初心者も野菜づくりに取り組みやすいシーズンなのだそう。

 たとえば「ラディッシュ」なら、追肥なし、約40日で収穫というラクチン栽培。この春、気軽にチャレンジしてみませんか?

40日ほどで収穫可能。追肥なしのラクチン栽培「ラディッシュ」

40日ほどで収穫可能。追肥なしのラクチン栽培「ラディッシュ」
40日ほどで収穫可能。追肥なしのラクチン栽培「ラディッシュ」
 収穫まで40日と期間が短いラディッシュは、追肥の必要もなく、初心者にうってつけ。「葉も、甘辛く炒めてご飯に混ぜたり、みそ汁の具にしたりと、おいしくいただけます」(宮田さん)。

[ラディッシュについて]

・科目:アブラナ科
・なにから育てる?:種から
・栽培開始時期:3月上旬(9~10月にも)
・収穫までの期間:約40日~1か月半
・水やり:朝1回
・置き場所:日当たりのよい場所

[必要なもの]

・8号以上の鉢または深さ15cm以上のプランター
・培養土

[育て方]

(1)種まき

種まき容器に土を入れ、人さし指で深さ1cm程度の穴を6~7cm間隔であける。1つの穴に2、3粒ずつ種をまき、土をかぶせて軽く押さえる。その後、たっぷり水やりを。

(2)発芽

発芽
太陽に向かってぐんぐん育ちます
5日~1週間ほどで5㎜程度の小さな双葉が出る。

(3)間引き&増し土

間引き&増し土5~6cm程度まで成長したら、1か所につき元気な1本を残してほかを間引く。間引いた葉は食べても。赤い根が見えてきたら、株元に土を寄せる。

(4)収穫

収穫
葉っぱも食べられます
種まきから40日くらいして、2~3cmほどの太さになった赤い根が土の上に出てきたら、葉の根元を持ち、引き抜いて収穫する。

<スピード栽培のポイント>

・短期間で確実に成長させるため日当たりと水やりに注意

短期間で確実に成長させるため日当たりと水やりに注意庭や畑に比べ、日照時間が短いベランダ。栽培期間の短い野菜が確実に育つためには、日当たりのよさと水やりが欠かせません。「場合により、台にのせたり、ハンギング(つるす)したりと、日当たり確保の工夫を」

とれたてラディッシュでつくる!「ラディッシュとイカのマリネ」

<とれたて野菜で>ラディッシュとイカのマリネ 下ゆでしたイカと、薄切りのラディッシュをボウルに入れ、オリーブオイルと白ワインビネガー、砂糖、みりん、塩を加え混ぜたマリネ。1時間ほどおけば食べられます。「色がきれいでおもてなし料理にもぴったり」

●教えてくれた人
【宮田範子さん】
ベランダ菜園セラピスト。テレビ出演、新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。ベランダ菜園歴は20年を超え、大阪のマンション街の中で、小さな自然とのふれあいを楽しむ暮らしをつづるブログ「大好き☆ベランダ菜園」が人気

<撮影/大森忠明 イラスト/得地直美>