年末は家計も大掃除すべし!3つの一覧表に書き出して見直しを
2016.12.19
  • この記事を
    シェア

 年末は「家計」も大掃除のチャンスです。この一年の家計を見直して、ムダな支出や不要な支出は、この際、一掃してしまいましょう!

 とはいえ一方で、家計はどこをどう見直せばいいのかわからない…という声も聞かれます。そこで、家計の大掃除の見直しポイントをファイナンシャルプランナーの政橋奈保美さんに教えていただきました。
家計の大掃除は3つの一覧表を書き出すことから!

家計の大掃除は3つの一覧表を書き出すことから!

 この一年の家計の見直しは、ぜひ今年中に行い、スッキリした気持ちで新年を迎えたいものですよね。家計の大掃除のためには具体的にどのように見直せばいいのでしょう?政橋さんが、3つの一覧表を書き出すことをアドバイスしてくれました。

●今持っている通帳の一覧表を出す

今持っている通帳の一覧表を出す「自分の口座をすべて書き出して一覧表にしてみましょう。年月の経過とともに、なぜか通帳が増えてしまった、ということはありませんか?一覧ができたら、必要な口座か、整理すべき口座かどうかを、再確認。この機会に整理しましょう」

●借入残高・金利一覧表を出す

「住宅ローンや各種借入の残高や金利の一覧表を出してみましょう。“マイナス金利”によって、低金利で借りられるチャンスも増えています。金利の見直しが可能なものはあるか、また、高金利のものから優先して払う、などといったことが見えてきます。一覧表から、たくさんのヒントが生まれてきますよ」

●金融資産一覧表を出す

「投資信託や株式、金融商品、貯蓄型保険商品なども洗い出してみましょう。今後の運用見込みを、場合によっては、借入返済に充てるという選択肢も見つかるかもしれません。こちらへの相談でたまにいらっしゃるのですが、一方で借りて、もう一方で預けるという人。もちろん、ほとんどの場合、預ける金利より借入金利の方が高いですから、実利と手間を考え、借入の方を先にすっきり整理するのが得策ですね」

ムダが起こりがちな2つの家計の支出対策とは?

 また、年末の家計の大掃除では、家計の支出の状況も見直しておきたいところです。政橋さんによれば、ムダな支出が起こりがちなのは次の2つの家計だといいます。それぞれの対策を教えてもらいました。

●通信費

通信費「携帯電話などの料金プランは、各社で刻々と変化しています。もしかしたら、すでに新しいおトクなプランが出ているかもしれません。ぜひご自身の使い方に最適なプランチェックを行いましょう。また最近は、通信費見直しを専門とするファイナンシャルプランナーさんもいるので、利用されてもいいかもしれないですね」

●食費

「“まとめ買いでおトク!”と思って購入してみたものの、結局、使い切れずムダ遣いに…というのはよくある失敗。対策は、“食材の買い置きルール”を決めてしまうこと。買うのは、『すぐ使うものだけ』『1週間以内に消費する量だけ』など、マイルールを決めて買い置きする期間に制限を定めます。そしてそれを習慣化してみましょう。冷蔵庫や食材庫などと、キッチン全体がスッキリしますよ」

 年末は、ぜひこれらの方法で、会計も大掃除。来年の目標を立てて、新年を新たな気持ちで迎えたいものですね。

【監修・取材協力/ファイナンシャルプランナー 政橋奈保美さん】
家計診断・生命保険・住宅取得・資産運用の個別コンサルティング、また、金融講演・執筆・メディアコメンテーター・金融書籍監修と幅広く活動。 まさはしFP家計相談所サイト

<取材・文/渡かおり>