クリアファイルを使って月10万貯めた主婦。人生を変えた家計術とは?
  • この記事を
    シェア

2016.12.08

 1冊のクリアファイルで人生が変わった主婦がいます。

 神奈川県に夫と0歳の息子と暮らすあらたさん(35歳)は、家計管理が苦手で、結婚3年でムダにした家計簿は10冊以上。毎月の赤字を独身時代の貯金で補っていました。そんなあらたさんが出合ったのが、「クリアファイル家計簿」。「文字を書かなくていいし、余ったお金は好きに使っていいので、モチベーションが保てるんです」と大絶賛。ESSE新年号「お金が貯まる家計簿のつくり方」でも紹介しているクリアファイル家計簿のやり方を、あらたさんに見せてもらいました。
クリアファイルを使って月10万貯めた主婦。人生を変えた家計術とは?

あらたさんが実践するクリアファイル家計簿のやり方

●日付を書いた紙をクリアファイルに入れる

日付を書いた紙をクリアファイルに入れる まずはA4またはB5サイズのクリアファイルを用意。「コピー用紙などに、1日の裏に2日がくるように、裏表に31日まで順に日付を書きます。日付を書いた紙をファイルのポケットに1枚ずつ入れたら準備完了!」。

●ファイルに1日2000円ずつお金を入れ、その予算でやりくり

ファイルに1日2000円ずつお金を入れ、その予算でやりくり 月末に1000円札でお金をおろし、各日付のページごとに予算2000円をイン。買い物に行くときに、その日の予算を財布に移します。「食費、日用品代、外食費、医療費を含めて1日2000円。まとめ買いするときは、大体4日分を買うとして8000円を持ってスーパーへ行くことに。その後4日以内に、コンビニに行ったりするときは、おつりを使います」。冠婚葬祭費などは、特別費として別に管理。

●おつりは小銭ケースへ。レシートはファイルに戻す

おつりは小銭ケースへ。レシートはファイルに戻す 1日の終わりに、財布のおつりをケースに移し、レシートはその日のポケットに戻します。「おつりが多く貯まった月は、そのお金で外食に行くことも。ほとんどは銀行に持って行き、全額貯金。これだけで月1万5000円は貯まります。おつりの使い道が自由なのも、クリアファイル家計簿が続く秘密です」。

クリアファイル家計簿には、まだまだメリットが!

「クリアファイル家計簿は、使ったお金も貯まったお金もひと目でわかるのがいいところ。2000円でやりくりしなきゃと思うとムダ買いが減り、自然と貯まります。お金の流れも把握できるようになるので、今では月10万円貯められるようになりました!」と笑顔で話してくれたあらたさん。

 家計簿嫌いでも貯まる画期的なこの方法。じつは、多数のメディアでも話題に!考案者のファイナンシャルプランナー・いちのせかつみさんが、クリアファイル家計簿のメソッドをまとめた著書『書かずに貯まる! クリアファイル家計簿』(扶桑社刊)も発売中です。2017年こそ、貯まる家計を目指してみてはいかがでしょうか。

<撮影/青木 章>

書かずに貯まる!クリアファイル家計簿

この家計簿を実践すれば、ケチケチ節約しなくても、年間50万円貯めることも可能です。


ESSE(エッセ)2017年新年特大号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/仲間由紀恵さん

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!