激増する老後破産!貯めるだけじゃダメ!30代のうちにやっておくべき対策とは?
2016.11.07

「老後破産」「独居老人」などの言葉を聞いたことがありますか?「まだ老後のことなんて…」と感じるものの、ニュースで見るたびに少し不安になることがありますよね。実際、老後のお金のことを考えるのは、早ければ早いほど準備もラクになるんです。

 今回は、ファイナンシャルプランナーの菅原文子さんに、30代のうちにやっておくべき老後破産対策を聞きました。
激増する老後破産!貯めるだけじゃダメ!

今、老後破産が増えている理由は?

 老後破産とは、老後に生活難やローンの支払いができなくなるなど、お金に困ること。老いた体にもかかわらず、カツカツの状態で生活することになれば、若いころはとても想像できなかった苦しさがあるといわれます。そんな老後破産、なぜ増えているのでしょうか?

「そもそも日本では、ほとんどの方が、お金に対する教育を受けていません。なんの金融教育もされないまま社会人になってしまうので、マネープランも金融知識ももたずに人生の荒波にさらされることになります。

 お金に関する断片的な知識で、その場限りの対応をするのではなく、お金は一生のパートナーとして、ちゃんと向き合っていく意識が必要です。お金の計画がないというのは、コンパスがないまま、人生という危険な航海に出てしまうことだと思います」

老後破産にならないための対策

 それでは老後破産に陥らないためにはどうすればいいのでしょう? 30代からやっておきたい対策を聞きました。

 30代からやっておきたい対策・一生涯のライフプラン、マネープランを立てる
・貯蓄や運用について勉強する
・自分の支出(消費)傾向を把握する
・仕事のスキルアップをはかる(実務・資格など)
・本当に好きなこと、やりたいことを見つける

「30代になると、そろそろ老後を含めた、一生涯のライフプランやマネープランを立て始めてもよい時期だと思います。そのために、貯蓄や資産運用についての勉強をはじめるというのもおすすめです。30代以降になると、そろそろ自分の消費のクセもわかっていると思います。もし悪いクセがあると認識しているのであれば、改善していくことも大切です。

 また、仕事の実務のスキルを上げたり、資格を取得したりと、一生使えるスキルを身に着けておくと心強いでしょう。自分が本当に好きなこと、生涯続けられることを見つけておくことで、老後のイメージがわいてきやすくなり、お金の準備へのモチベーションも上がります」

 老後破産を防ぐためには、ただ貯蓄などのお金の準備をするだけでなく、老後のイキイキとした自分のイメージを具体的に持つことも大切。ぜひ参考にしてみてください。

【監修・取材協力/菅原文子さん】
2010年にFP事務所フリーライフプランニングを設立。個人・法人向けに年間200回を超える個別コンサルティングを行いつつ、テレビ出演、雑誌執筆、講師等、幅広く活躍中。「目からウロコ」になるセミナー、コンサルティングが大好評。 http://www.freelife-planning.com

<文/渡かおり>