1. トップ
  2. 節約・マネー

食費5万円減!つくりおきと下味冷凍で平日の節約&時短ごはん

ESSE編集部
2021.05.02

家で食事をする機会が増え、いつの間にかかさんでいる食費。抑えるためには「とにかくガマン」をするイメージがありますが、じつは食費が安い人ほど、時間をかけずにラクに節約していました!

食費節約達人のSさん(仮名・35歳)に、フルタイムで忙しくても、平日の夕食づくりに時間をかけず、ラクに食費節約をする方法を教えてもらいました。

つくりおきと下味冷凍で、食費月マイナス5万円を実現!

以前は外食が多く、食材を余らせていたために食費がかさみ、お金が貯められていなかったSさん。そんななか、産休・育休が続いて収入が減り、「ここままではマズイ…」と家計改善を決意したそう。

<Sさん(35歳)のプロフィール>

夫(36歳)、長女(5歳)、長男(3歳)の4人家族。インスタグラムで家計管理術を発信。

●無理のない予算だからラクに続けられる

それまで夫婦別管理だった家計を一本化。食費は、まずは無理のない予算を組み、少しずつ減らしていきました。

「仕事復帰をした今も、月の食費約3万円と、外食費1万5000円でやりくりしています。そのために欠かせないのは、週末の下準備。時短ワザを駆使して2時間ほどでつくりおきや下味冷凍をつくり、平日は10分で夕食が完成するようにしておきます。おかげで貯蓄も順調に増え、気持ちにもゆとりができました」

●休日2時間で仕込むだけ!

コマツナやネギなど
今週は合計3071円

週末に食材をまとめ買いし、帰ってすぐにつくりおき&下味冷凍に。余った食材は使いやすい形や量にして、なるべく傷みづらい方法で保存します。

保存袋に野菜など
完成!

今週の仕込みは、左上から切ったコマツナ(冷凍)、ホウレンソウのおひたし、おかずスープ、とり天(下味冷凍)、キャロットラペ、豚の角煮、ニンジンスライス(冷凍)、切った白菜(冷凍)、サバみそ(下味冷凍)、蒸しカボチャ、ブロッコリーの塩昆布マヨ。

●平日5日間の献立

食材を買いたすこともあるそうですが、基本は週末に仕込んだおかずや食材、または家に余っていた食材も活用。そのため、仕込んであるものを組み合わせるだけで、わずか10分で調理が完了します。
平日は包丁を使わず、生ゴミも出さないのが目標! そうすれば、調理が早いだけでなく、片づけもラクちんです。

<月曜日>

つくりおきの豚の角煮とおかずスープに前週の残りの切り干し大根つくりおきの豚の角煮とおかずスープに前週の残りの切り干し大根を。

<火曜日>

豚肉はパパッと塩マヨ昆布炒め、副菜にはつくりおきの野菜豚肉はパパッと塩マヨ昆布炒めに。副菜にはつくりおきの野菜を。

<水曜日>

下味冷凍のとり天に野菜下味冷凍のとり天に野菜を添えて。残り野菜でつくったみそ汁も。

<木曜日>

冷食のギョーザとみそ汁豚の角煮の残りを具にしたチャーハン。冷食のギョーザとみそ汁も。

<金曜日>

下味冷凍のサバのみそ煮。冷凍野菜のチャプチェ、ふるさと納税の刺身下味冷凍のサバのみそ煮。冷凍野菜のチャプチェ、ふるさと納税の刺身。

ESSE6月号では、Sさんのつくりおき&下味冷凍レシピや時短ワザ、ほかの達人の食費節約術も詳しく紹介しています。ぜひ、チェックしてみてください!

<撮影/難波雄史、Sさん(献立) 取材・文/ESSE編集部>

ESSE6月号

ESSE6月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/関ジャニ∞さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
  • この記事を
    シェア