1. トップ
  2. 節約・マネー

おうち焼き肉VS食べ放題、レジャー費「どっちがおトク?」

ESSE編集部
2020.09.14
  • この記事を
    シェア

まだまだ暑いこの時季、水道光熱費のおトクな方法を知れば、節約効果はグンとアップ!
今回は、レジャー費の楽しくておトクな節約法について、節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんに教えていただきました。

おうちvs外遊び!どっちがおトクなのか考えてみました

水道光熱費に限らず、レジャー費も工夫次第で大きな差が。おトクに楽しく遊べる方法はこちら!

●外食で焼き肉¥16000vsおうち焼き肉¥10137

おうち焼き肉が1回につき約6000円おトク!

バーベキューをしている様子のイラスト
おうちBBQで楽しくおトクに!

ネット通販には、2kg4000円などおトクな焼き肉セットが多数。ロースターを買ったとしても、焼き肉店より約6000円もおトクに。

「2回目以降は、ロースターの購入費がかからないので、費用は約5000円とさらにダウンします」(丸山さん)

・外食で焼き肉:1人4000円の食べ放題に4人家族で行った場合で計算

・おうち焼き肉:焼き肉用ロースター5280円、ガスボンベ2本367円、肉の盛り合わせ3980円、タマネギ2個120円、ピーマン4個120円、シイタケ1パック270円として計算

●おうちプール¥2990vs市民プール¥4000

おうちプールが1か月で1万3000円おトク!

おうちプールのイラスト

家庭用ビニールプールは手頃なもので3000円前後。何時間遊んでも費用は変わりません。

「週1回プール遊びをしたとして、おうちプールが1万3000円おトク! 普段はおうちプール、たまに広い市民プールで思いきり遊ぶのも手です」(丸山さん)

・おうちプール:ビニールプール2990円、水道量156L37.4円(東京都の水道料金として計算)として計算

・市民プール:1時間利用200円のプールを家族4人で5時間使用した場合で計算

●ランチ会¥9000vs流しそうめんパーティ¥8118

流しそうめんパーティが1回につき約2000円おトクで楽しい!

流しそうめんをしている様子のイラスト

ママ友と子どもたち合計6人で外食すると、費用は1万円近くにも。

「庭で流しそうめんパーティを開けば、流しそうめん機を買っても約8100円。しかも、人数は何人でもOK。流しそうめん機は何回でも使えます」(丸山さん)

・ランチ会:大人2名、子ども4名の計6人で1人1500円のランチを食べた場合で計算

・流しそうめんパーティ:流しそうめん機5500円、水道量75L17円(東京都の水道料金として計算)、そうめん20束(1kg)1905円、そうめんつゆ(ストレートタイプ)2本496円、ショウガ100円、ネギ100円として計算。

●おうちで生ビール¥6388vs居酒屋ビール¥10000

おうちで生ビールがビールサーバーつきで3600円以上おトク!

クリーミーな泡立ちが味わえるビールサーバーがあれば、家でも居酒屋と変わらない生ビールが楽しめます。

「ビールサーバーは、3000円前後で購入可能。その代金を入れても、居酒屋よりおうちビールの方が断然おトク!」(丸山さん)

・おうちで生ビール:ビールサーバー2980円、ビール1缶(350ml)213円を4人が1人4本飲んだ場合で計算

・居酒屋でビール:ビール1杯500円を4人が1人4杯飲み、おとおし代が1人500円だった場合で計算。

●洗車もおうちがおトク

洗車の様子のイラスト

洗車もおうちで涼しく。タオルやバケツ、洗車ブラシなどがセットになった洗車セットが、ネットで2000~2500円で売られています。

「洗車用の洗剤と合わせて買っておけば、夏の間6回使ったとしても1回の費用は約520円。700円のコイン洗車(ワックスコース)より安くすみます。家族みんなで水遊び感覚で楽しめば、レジャー費も節約できて一石二鳥!」(丸山さん)

●教えてくれた人/丸山晴美さん

節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。著書に『50代から知っておきたい! 年金生活の不安、解消します』(共著、幻冬舎刊)などがある。

●監修/エネチェンジ

ENECHANGE株式会社が運営する電力・ガス比較サイト。住んでいる家の郵便番号と世帯人数を入力するだけで最適なプランを診断するサービスを展開。診断回数は1000万回を突破。

<イラスト/ニッパシヨシミツ 取材・文/ESSE編集部>