1. トップ
  2. 節約・マネー

私立高校は無償化で本当におトク?公立と比較した結果…

ESSE編集部
2020.06.15
  • この記事を
    シェア

2020年度から、私立高校の授業料が実質的に無償化に。「私立はお金がかかるからムリ」と諦めている家庭も多いのでは? 無償化なら収入が低い世帯でも進学できるチャンスがあるということ? ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんに制度について詳しく教えてもらいました。

制服の女性
私立はお金がかかるから…と思っていたけど、制度が変わっておトクに?(※写真はイメージです)

いま、進学先の高校を選ぶなら、公立VS私立どっち?お金のプロが解説

【Answer】授業料無償化と推薦入試制度の利点を考えると私立がおトク

イラスト私立高校と大学高等学校等に通う生徒に対して、授業料に相当するお金を給付する「高等学校等就学支援金制度」が4月から改正されました。改正の注目点は、私立高校に通う生徒への支援が手厚くなったこと。年収約590万円未満の世帯で、私立高校に通っている場合、支援金の上限額が39万6000円に引き上げられました。

その結果、この支援金で私立高校の平均的な授業料がまかなえるため、実質的に授業料が無償化になったというわけです。

また私立高校では、大学受験の際に指定校推薦制度を広く利用できます。推薦枠を獲得するには一定水準の成績を修める必要がありますが、推薦が決まれば受験するのは、その大学1校のみ。一方、公立高校は推薦制度が少ないので、複数校受験するケースが多く、受験料の負担が大きくなります。

私立高校に通う生徒への支援が手厚くなったことと、推薦入試で進学するケースをトータルで考えた場合、私立高校の方がおトクと言えるでしょう。

<イラスト/あべさん 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【畠中雅子さん】

ファイナンシャルプランナー。新聞、雑誌、ウェブ、セミナー講師、講演、相談業務、金融機関へのアドバイス業務など幅広く活躍。近著に『病気にかかるお金がわかる本』(主婦の友社刊・共著)がある