1. トップ
  2. 節約・マネー

300円のレジカゴバッグで人生変わった!食費もストレスも減

福村美由紀
2020.01.29
  • この記事を
    シェア

7月のレジ袋有料化へ向けて、レジ袋を有料にしたり、マイバッグ持参で割引したり…というスーパーが増えてきました。
そこで脚光を浴びているのがエコバッグやレジカゴバッグ。
ここでは、レジカゴバッグを導入したおかげで買い物で感じていたストレスが激減し、食費節約にもつながった実例をご紹介します。

レジカゴバッグに入れた食材
レジカゴバッグ1つにこれだけ入ります。買い物が快適になり、食費節約にも!

300円で人生が変わる!食費節約になるスリーコインズのレジカゴバッグ

7月からレジ袋が完全に有料化します。少額とはいえ余計な出費を抑えるべくエコバッグやレジカゴバッグを探したところ、スリーコインズ(スリコ)でこちらの「買い物かごバッグ」に出合いました。

スリーコインズのレジカゴバッグデザインや軽さ、大きさに満足して購入した結果、わずか300円のバッグを導入したことで「食品を買い、家に持って帰る」というストレスが激減! 食費節約にもつながり、まさに人生が変わるくらいの変化が起こりました。詳しく説明します。

●1:買ったものを詰めてもらえるのがこんなに快適だなんて!

今まではその夜食べる食材を買うため、会社帰りに子連れでスーパーに立ち寄っていました。夜が遅めなのであまりじっくり見る時間もなく、目についたものを適当にレジカゴへ。

大量になってしまい、大きめのレジ袋2~3個を手に食い込ませながらヨロヨロ帰宅。パンが袋の底でつぶれていたり、卵が割れるなど悲しい事故も続いていました。

店員さんがレジカゴバッグに食品をつめてくれたところ
店員さんがレジカゴバッグに食品をつめてくれたところ。自分ではこうは上手くいきません

レジカゴバッグを導入してからは、店員さんが美しく持ちやすく詰めてくれるので、買い物から帰宅するまでの時間が著しく短縮されました。
バッグが持ちやすいので帰りの道中もつらくなく、もちろん生肉の汁がレタスを濡らす…などの事故も皆無に。

帰社後の時間が上手に使えるようになり、まるで1日24時間が25時間、26時間に増えたような気がしています。

※店員さんによる袋づめに対応していない店舗もあります

●2:「カゴに入るだけ」と決めて余計なものを買わなくなり、月約1万円の食費節約に!

会社帰りには子どものせ自転車でスーパーに立ち寄ることも多く、その際に荷物が重かったりレジ袋が複数になるとハンドルを取られることがあり、危険を感じていました。

自転車の前カゴにも入る大きさレジカゴバッグを導入後は、レジカゴバッグ1つがちょうど自転車の前カゴにも入る大きさに。
自然と「1回の買い物はレジカゴバッグに入るだけ=レジカゴ1つ分」というルールになり、快適に運用しています。

今までのように目についたものをあれこれ買うと必要なものが入らなくなるので、買うものを厳選することにつながりました。

何回か試したところ、買い物は週に2回、3~4日分を買うというのがわが家にはちょうどいいようです。たとえばある日の買い物はこんな感じ。

3~4日分の食材

<3~4日分の買い物リスト>

・牛乳 3本
・卵 1パック
・朝用のパン 2種類
・ヨーグルト 5~6個または1パック
・肉か魚 3~4種類
・野菜やキノコ 3~6種類
・たりなくなった調味料 今回はホットケーキミックスやカレールー、カツオ節、すりゴマ、ふりかけなど
・生活用品はたりないものを、少しだけ(過剰なストックは買わない)

これらがすべてスリコのレジカゴバッグに入りました!

このようにレジカゴ1つ分で3~4日分に必要なものだけを買う、米や油などかさばるものを買うときはほかのものを減らすというシンプルなルールで、気持ちよく過ごしています。

その結果、スーパーで使うお金がグッと減ったのを実感。今まで3万5000円前後だった食費が、この数か月はなんと2万5000円前後に! 消費期限と戦いながら無理やり消費するというようなこともなくなりました。

●3:買い物に行く回数が減って食費以外も節約に。無買デーも増えました!

レジカゴバッグを使うようになってから、冷蔵庫の在庫がわかるようになり、なんとなくスーパーに行くことがなくなりました。
今はもう、決めた日以外はスーパーに立ち寄らないので、レジカゴバッグも持ち歩きません。

そうなると不思議なことに、「今日は買い物に行かないからレジカゴバッグを持って行かない」というのが「今日はレジカゴバッグを持っていないから買い物に行かない」という考えに変わってきます。

100円ショップやドラッグストアに無目的に立ち寄ることもなくなり、帰社後の時間をメリハリつけて過ごせるようになりました。
無買デーが増え、もちろん家計も大助かり。

●自分に合ったレジカゴバッグの選び方とは?

グレイッシュなヘリンボーン柄
私が買ったものはグレイッシュなヘリンボーン柄。

私がレジカゴバッグを買う際に優先したのは以下の点です。

・小さくたためること
・バッグそのものが軽いこと
・肩にかけられること
・丈夫なこと
・デザインがシックなこと

会社帰りにスーパーに寄るシーンを想定してこの条件に。軽くてたためることが絶対なので、保冷機能や、中にものを入れなくても自立することは重視しませんでした。
スリーコインズのレジカゴバッグはこれらをすべて満たしています。

収納袋ゆるっとたたむとこのくらいの大きさに(ミカンは大きさ比較用です)。収納袋は付属していないので自分で用意しました。

このように、その大きさや軽さ、コスパに感動したスリコのレジカゴバッグ。使ってみると、買い物がラクになる、食費が減る、無買デーができるなどいいこと尽くめでした。

ぜひ使うシーンを想定しながら、お好みのレジカゴバッグを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

<撮影・文/福村美由紀>