1. トップ
  2. 節約・マネー

5人家族で食費週5000円。買い物リストと下味冷凍レシピを大公開

ESSE編集部
2020.01.26
  • この記事を
    シェア

家族が多くても、安い材料を使っていても、バラエティ豊かでボリュームのある食卓はつくれます!
それを実践しているのが、インスタで食費節約ワザを発信しているあみんさん。5人家族で外食込みの月の食費が3万円以下! その買い物の仕方からお買い得品を徹底的に使いまわすコツまで、たっぷり紹介します。

安く買った食材を使いきってボリューム献立を実現

子どもと食事
節約はしていてもボリュームは減らさない!

二男を出産した直後から、本格的に食費節約に取り組み始めたというあみんさん。
「それまでは家族4人で食費が8万円超えの月も…。なんとなく買って、使いきれずに捨ててしまう食材が多かったのが原因でした」

とはいえ、家族みんな食事の時間がなによりの楽しみのため、ボリュームは絶対に減らせないのが大前提。そこで、「安く買って全部使いきる」を徹底することに。

まず、買い物方法を見直して、お肉は思いきって半額品のみ、野菜は旬の特売品を中心に、種類を多めに購入。食材の使いきりも意識して、おかずの品数を維持しつつ、ボリュームたっぷりの献立に変えていったそう。

「半年後には、食費も週5000円までダウン。外食も含めて月の食費は2万8000円に! なにより家族が喜んでくれるのがうれしいですね」

●あみんさんの食費節約の流れ

<予算>週5000円でやりくり
5000円×4週分の2万円で、肉や野菜などのその週使いきる食材を購入。残りの8000円は米代(30kg5000円前後)と外食(月1~2回3000円前後)に回します。

<買い物>週末に2つのスーパーで1週間分をまとめ買い

空の冷蔵庫
買い物前はガラ~ン

買い物に行くのは、前週に買った食材をすべて使いきり、冷蔵庫がからっぽになってから。特売や値引きのタイミングに合わせて、肉を買う店(予算1500円)と、それ以外を買う店(予算3500円)の2店舗を使い分けています。

<献立決め&下ごしらえ>メニューを決め、肉はその日のうちに下ごしらえ

買い物した当日、半額で購入した肉をメインに1週間分の献立をメモし、使う食材をふり分け。肉はすべて下処理後に下味をつけておき、火をとおす直前の状態で冷凍保存。

家族5人で食費週5000円!を実現する1週間分の食材の使い方


食材は、週末に2つのスーパーで購入するというあみんさん。

机に並べられた食材買ってきた食材をほんの少しもムダにせずに使いきる、そのワザとは?

●野菜:肉と組み合わせておかずをボリュームアップ!

その日の特売品から旬のものを10種類を目安にセレクト。
「肉料理には必ず野菜を加えるのがルール。ボリュームが出て栄養バランスも整います。モヤシ、キャベツ、小松菜は、おかずのかさ増しになるのでよく買います」

<野菜はスーパー以外でも。農家の直売や家庭菜園も活用>

トマトが入った器を持つ女性散歩ついでに農家などにある直売の採れたて野菜を格安で購入。また、庭で数種類の野菜を育て始めてからは、食卓がさらに豊かに!

<家庭菜園の野菜は、ソースや漬物にして保存>

トマトソースと漬物たくさん採れた野菜は、簡単な漬物やソースにして冷凍。夏に大豊作だったキュウリは漬物にして夫の晩酌のつまみに、トマトはソースにしてパスタなどに。

●肉:下味冷凍でムダと手間をカット!

ジップロックにお肉を入れる女性半額セールを狙って店へ行き、10パック(約3kg分)を目安に肉を購入。
「豚4:鶏4:牛2の割合で買って、帰宅後すぐに下味をつけて冷凍。下味の種類をシールに書いて貼り、クリップで保存袋につけておけば中身も一目瞭然」

冷凍庫にジップロックに入った食材縦収納タテ収納で取り出しやすく!

<こんな下味をつけて冷凍>

・豚バラ切り落とし肉:豚丼用
タマネギの薄切り、しょうゆ、酒、砂糖、白だし、ショウガ

・牛切り落とし肉:牛焼き肉用
しょうゆ、酒、砂糖、ニンニク、ゴマ油

・豚トンカツ用肉:トンテキ用
オイスターソース、しょうゆ、みりん、砂糖、ショウガ、ニンニク

・鶏モモ肉:塩から揚げ用
塩、しょうゆ、酒、ゴマ油、ショウガ、ニンニク

・豚ロースショウガ焼き用肉:豚のショウガ焼き用
しょうゆ、酒、みりん、ショウガ

●半端食材:食材が余ったら“副菜もう1品”で使いきり

食材が少しだけ余ったら、冷蔵庫のすみにつくった「半端食材コーナー」へ。野菜はもちろん、毎週レギュラーで購入するちくわやカニかまも、1~2本余ったらこのコーナーへ移動。副菜や汁物の具にして使いきります。

保存容器に入った食材半端食材コーナーで使い忘れを防止!

<余ったちくわ2本で!チリちくわ>

チリちくわ輪切りにしたちくわとタマネギのみじん切りをゴマ油で炒め、ケチャップと豆板醤で味つけ。クセになるピリ辛味で、ご飯もすすむ!

買い物の仕方と食材の使い方を見直したら、半年後には食費が週5000円までダウン。あみんさんのケースを参考に、まずは買い物習慣から見直してみるのもおすすめです。

●教えてくれた人
【あみんさん(34歳)】

会社員の夫(33歳)、長女(7歳)、長男(4歳)、二男(2歳)の5人家族。週4日、経理事務のパートへ。食費節約や家計管理について、インスタグラム(@a_min296)で発信

<撮影/林ひろし 取材・文/ESSE編集部>