エアコンの電気代、「弱」より節電になるのは?
ESSE編集部
2019.07.29

今年の夏も猛暑になるという予報があります。となると、気になるのがエアコンの電気代。
つけっぱなしにするのと、こまめにオンとオフするのと、電気代はどっちがおトクなのでしょうか? 省エネのプロに取材しました!

エアコン
エアコンはつけっぱなしにするのと、こまめにオンとオフするのと、電気代はどっちがおトク?

エアコンは(つけっぱなし)VS(こまめにオンとオフ)のどっちがおトク?

●つけっぱなしの方が消費電力量が少なく結果的におトク

グラフ※資料提供:ダイキン工業 ※左のグラフの黄緑部分の面積が消費電力量を表している。外気温、設定温度と室温との温度差、運転時間により変化する

エアコンは、こまめにオンとオフをした方が、つけている時間が短くなり、節電になる気がしますが、実際はそうとも言えません。

その理由は、エアコンは外気温と設定温度の差が大きい運転開始直後に電力を多く消費するからです。こまめにオンとオフすると、オンにするたびにエアコンがフル稼働して消費電力量が大きくなります(上の図参照)。

一方、つけっぱなしなら起動時の電力消費が1回ですむので節電に。30分程度の外出なら、エアコンを消さずに、つけっぱなしで出かけた方がおトクです。

●夕方以降はオンオフを繰り返した方がよいことも

イラストエアコン女性ただし外気温と設定温度の差が小さくなる夕方以降は、起動時の消費電力量が小さくなるので、こまめにオンとオフをして、運転時間を短くした方が節電になることも。

このほかエアコンを節電するなら、「弱」より「自動運転」がおすすめ。「弱」の方が節電になりそうですが、「弱」で始動すると設定温度に達するまで時間がかかり、効率が悪くなります。
また冷たい空気は下にたまるので、室内を均一に冷やすために、扇風機を併用して空気を循環させると、効率よく室温が下がっておトクです。

<イラスト/あべさん 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【巻口守男さん】

電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」を運営するENECHANGE(株)顧問。消費生活アドバイザー。約40年間携わった電力業界での経験を基にメディアや講演で活動。経産省省エネルギー検討会委員なども務める