月の生活費が6万円減に!話題のレシートホルダーの使い方
ESSE編集部
2019.11.21

家計管理の方法はたくさんあれど、自分に合った方法がなかなかみつからない…。そんな悩める人にオススメしたいのが、今、インスタグラマーの間で話題沸騰中の「レシートホルダー」を使った節約術です。
レシートホルダーに出合い、赤字家計から月6万円を貯金できるまでに大変身したという、インスタグラマー・kacoさんのサクセスストーリーを紹介します。

ざっくり管理ができるレシートホルダーで、貯金額が大幅アップ!

レシートホルダー
レシートホルダーは中が見渡しやすいから、無理なく月々の予算を守れます
レシート類を整理するためのアイテムとして発売されたのが、ハイタイドの「レシートホルダー」。生活費の予算分けに便利!と、多くのインスタグラマーの間で話題になっている商品です。

レシートホルダーとは? 詳細はこちら

「レシートホルダーのいちばんのメリットは、開くと全部の予算が一目瞭然になるところ」とkacoさん。生活費はすべてレシートホルダーで管理しています。

「1か月の生活費は8万円と、少しきつめの設定。でも、月の初めに費目ごとに分けた予算をホルダーに入れると、千円札と五千円札がぎっしりつまって壮観」
「これだけあれば今月も大丈夫」と予算を守ろうという気持ちになるそう。

食費や日用雑費がたりなくなってきたときも、あわてません。
「ホルダーを開くと余裕のある費目がすぐわかるので、そこから補てん。全体で8万円に抑えられればいいのでホルダー内で予算を調整できるようにしています」

レシートホルダーを取り入れた結果、以前は14万円だったという生活費が8万円にスリム化。貯蓄月6万円をキープできるようになりました。

ラベルライターで手づくりした各費目のラベルレトロな雰囲気のラベルライターで手づくりした各費目のラベルも、やりくりのテンションアップにひと役買っています。

レシートホルダーは、家計管理グッズと一緒に収納レシートホルダーは、家計管理グッズと一緒に収納しておくのがミソです。

【kacoさんの家計】
夫の月収と児童手当を合わせて、収入は月30万円。
支出は、住宅費6万8000円、食費・日用雑費5万円に、固定費や子ども費、こづかいなどを合わせて24万円。
月に6万円を貯蓄に回せています。

月6万円の貯蓄が実現!レシートホルダーを活用したやりくり術

1か月の生活費8万円を守るために、kacoさんが実践している日々の習慣を紹介します。

●レシートホルダーから必要な額だけ財布に移す

女性お財布からお金買い物前は、レシートホルダーにふり分けた予算から、使う額だけを財布に。
「本当に必要なお金しか持ち歩かない習慣づけで、予定外の買い物を防げるようになりました」

●食費は週8000円を目安に2回に分けて買い物

食費と日用雑費は月5万円。1週ごとの目安は1万円として、そのうち8000円を食費に充てています。
「特売日のまとめ買いと、週末の買いたし。それぞれ予算を6000円と2000円に設定して節約食材を中心に買うようにしています」

予算6000円でまとめ買いした食材火曜日は予算6000円でまとめ買い。

予算2000円で買いたした食材日曜日は予算2000円で買いたし。

どんぶり節約食材をフル活用! 鶏むね肉は照り焼き風の味つけでどんぶりになりました。

お味噌と納豆オムレツ肉や魚の代わりに納豆オムレツをメインにした日は、具だくさんの汁物をプラス。

●日用品の在庫がきれたらメモに記入

冷蔵庫にメモ日用品やストック食材がきれたら冷蔵庫にはったメモに記入。
「次の買い物のときに一緒に買います。セールに引かれて重複買いすることがなくなりました」

●予算がたりなくなったらほかの費目を調整して補てん

予算の移動の様子レシートホルダーは予算の移動がラクです。
「ホルダーに入れた1か月分の予算に収まればオッケーというルールなので、赤字を補てんした費目は、その分、出費を抑えるなどの工夫をします」

公園たとえば、お出かけには飲み物や弁当持参でレジャー費を削減!

●家計簿に転記したら、財布に残りのお金を戻す

お財布に小銭持った手買い物から帰ったら、レシートを見ながら家計簿に転記。
「財布に残ったお金は、費目別のおつりを計算して、それぞれのポケットに50~100円単位で戻します。5円、10円の誤差にこだわるとストレスになるので、おおざっぱでも続けることを優先します」

●小額は戻さずにビンに貯めて「チリツモ」貯金

ビンに小銭残った1円、5円、10円は、ビンに入れておいて月末に口座に貯金。
「余裕がありそうな月は、月の初めに予算から1000円を先取りでビンに貯めています。月末まで使わずキープできると、うれしくてやる気がアップ!」

●カードで支払ったらカード用ポケットにお金とレシートを入れる

お財布にレシートと千円赤いラベルのポケットはクレジットカード用。カードで支払ったときは、各費目からここにお金を移します。
「現金が減らないと、実感がなくて使いすぎることに。ポケットのお金はカードの引き落とし口座に月1回まとめて入金します」

楽天カード貯めたポイントは外食に利用。

貯蓄成功への近道は、自分に合ったラクな方法を見つけること。レシートホルダーを使い始めてから、家計管理が激的にやりやすくなったというkacoさんのケース、ぜひ参考にしてみてください。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>