貯めている人は始めています!スマホひとつで「ポイ活」
  • この記事を
    シェア

2019.04.10

現金主義が根強い日本で、このところ急速な勢いで広がりを見せているのが「d払い」「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」などのコード決済。

「クレジットカードや電子マネーと同じくキャッシュレス決済の一種ですが、スマホで決済できるのが最大の特徴です。アプリをスマホに取り込むだけで簡単に決済でき、自動的にポイントも貯められるのが魅力」と話すのは、ポイント交換案内サービス『ポイ探』を運営する菊地崇仁さん。

加えて最近は、ポイントカードをまとめるスマホのアプリがあるので、効率よくポイントを貯めることが可能だそう。貯金アップにつなげる方法を聞きました。

ポイントカードをアプリでまとめれば、取りこぼしなく、財布もスッキリ

ポイント2倍
貯めている人はスマホをうまく使っています!
だれでも簡単に利用できて“ポイ活”に効果を発揮するのが、ポイントカードのまとめアプリ。

「カードをまとめてスマホに入れられるので、カードを忘れてポイントを取りこぼす失敗がありません。ポイント残高や有効期限を画面で確認でき、タイミングを逃さず使いきれます」と菊地さん。

さらに、スマホのコード決済を使えば、会員ポイントに加えてコード決済のポイント+クレジットカードポイントと3重取りも可能に!

「今は大手各社が次々コード決済に新規参入中で、顧客獲得のためにポイント10倍、30倍キャンペーンなどを展開しています。上手に利用すれば、年間10万円以上のおトクも夢じゃないですよ」

STEP1:ポイントカードをスマホにまとめる

ポイントカードをスマホにまとめるポイントカードは、まとめアプリを使ってスマホに入れておくと使い勝手がよく便利。

「非公式のアプリは店によって使えないことがあるので、『スマホサイフ』や『ショプリエ』などのポイントカード会社と正式に提携したアプリを選ぶのがおすすめ。店舗の割引クーポンなども届きます」

アプリに入れられないカードは、それぞれの店のサイトからアプリをダウンロードしてください。

STEP2:コード決済を活用するなどしてポイントを貯める

コード決済「コード決済」とは、スマホ画面のQRコードを読み取るなどの方法で決済すること。

「スマホをかざすだけと決済が簡単なうえ、決済金額に応じてポイントもつきます。さらに、コードにひもづけしたクレジットカードのポイント、ポイントカードのポイントとポイントの3重取りも可能」

キャンペーン期間にはポイント10倍、20倍もあり、どんどんとポイントが貯まることも

●おもなコード決済

・楽天ペイ
楽天が2016年10月から展開。支払いはクレジットカード。楽天ペイ+楽天カードの利用で、ポイント還元率1.5%。支払いには、楽天スーパーポイントも利用できる。楽天スーパーポイントを貯めたい人、よく使う人におすすめ

・PayPay
ソフトバンクとYahoo! JAPANが、2018年10月からサービス開始。支払いは口座からチャージ、クレジットカード、Yahoo! マネーのいずれか。5月31日まで「100億円キャンペーン」を展開中で、ポイント還元率が10~20%も!

・Origami Pay
ベンチャー企業Origamiが2015年10月から開始。支払いはクレジットカード、または銀行口座からの引き落とし。即時割引でその場で安くなるほか、加盟店で使える割引クーポンなどのキャンペーンがある

・LINE Pay
LINEが2014年5月から運営。あらかじめ銀行口座やコンビニなどでチャージして利用するので、毎月予算を決めて使いたい人に最適。友達同士の送金も手数料無料ででき、ママ友と食事代をワリカンにするときなどにも便利

ESSE5月号では、ほかにもスマホひとつで貯め上手になる方法を紹介しています! ぜひチェックしてみてくださいね。

<監修/菊地崇仁 イラスト/いいあい 取材・文/ESSE編集部>

ESSE5月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村文乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!