<家計診断>夫婦ともフリーランスで家計が赤字続き。着実に貯めるには?
2018.04.02
さまざまな働き方がある現代。夫婦ふたりともフリーランスという組み合わせも珍しくなくなっています。

ただしお互いの会計が独立しているせいで、家計のすり合わせができず、結果赤字続きに…という悩みもあるよう。「結婚して1年半、貯金が全然できない」という相談について、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんに答えてもらいました。

夫婦ともフリーランスで、赤字続き。貯蓄を増やしたいのですが…

家計のお悩み【相談者】

佐川絵未さん(仮名)、大阪府・28歳(イラストレーター)
夫(グラフィックデザイナー)42歳

【お悩み】

結婚して1年半、夫婦とも自宅で仕事をしているため、昼食はレトルトですませ、夜は外食に行く日々。また、こづかいから仕事関係の交際費を出すことも多く、家計は赤字続き。収入が不安定なので、将来のために貯蓄したいです…。

【佐川さんの家計収支】

夫の月収(手取り) ¥200,000~300,000
妻の月収(手取り) ¥100,000~200,000
収入合計 ¥300,000~500,000

住居費 ¥80,000
食費 ¥20,000 ←check1
外食費 ¥50,000 ←check1
電気料金 ¥18,000 ←check2
ガス料金 ¥6,000
水道料金 ¥6,000
通信費(携帯電話2台分) ¥22,000 ←check2
通信費(固定電話・プロバイダー) ¥5,000
通信費(NHK受信料) ¥2,500
新聞代 ¥4,000
日用雑貨費 ¥10,000
交際費 ¥20,000 ←check1
被服費 ¥5,000
クルマ費 ¥10,000
こづかい(夫) ¥30,000 ←check1
こづかい(妻) ¥30,000 ←check1
生命保険料 ¥45,000
国民健康保険料 ¥46,000 ←check3
国民年金保険料 ¥33,000 ←check3
貯蓄 ¥0
支出合計 ¥442,500

収支 −¥142,500~+¥57,500
ボーナス収入 ¥0
現在の貯蓄 ¥1,300,000

月の予算を固定しムダを削れば貯蓄家計に

収入が不安定な家計は、支出を固定化するのが鉄則。夫婦の月収の平均値、40万円で予算を立てましょう。

まず見直したいのが、食費です。今の2万円から1万円増やし、家でつくって食べる習慣を。逆に外食代は3万円に減らして、週6000円でやりくりしましょう。また、交際費と混ざり、こづかいが膨張しているので、交際費の予算を3万円にし、仕事の会食代などはそこから出すこと。そうすれば、こづかいは夫婦とも1万円ずつで十分。

さらに、生命保険も、老後のための個人年金と医療保険だけ残してムダな保障は解約、1万7000円減に。通信費は格安プランを探して7000円カット。光熱費も、仕事中つけっぱなしのヒーターの設定温度を下げるなど工夫して減額しましょう。

全部の見直しで、月2万5000円は貯蓄ができます。予算が守れたら、収入が予定より増えた月はこづかいを増やしてもOK。がんばって!

<check1>食事は自炊中心にして1万円増。逆に、外食は2万円カットを

自炊中心にして、食費は週5000円×5週+米代5000円の予算でやりくりしましょう。外食費の予算は月3万円(週6000円)に。週2回外食なら1回3000円、お金をかけたいときは週1回6000円などメリハリをつけて。
また、交際費は3万円に増やして封筒などに入れ、必要なときはそこから使うやり方でこづかいと区別します。自宅で仕事をしているのですから、こづかいは1人1万円ずつに。

<check2>格安プランで電話代をカット。電気代は、こまめな節約で減らす

夫婦とも自宅でパソコンを使って仕事をしているため、調べ物はパソコン、電話も固定電話があるので、携帯電話は格安プランを探しましょう。携帯電話代は、半分以下に減らせるはず。
自宅で仕事をして増えがちな電気代も、冬は1枚多く着て、夏は扇風機で冷気を回して、設定温度を調整すればカットできます。目標は、4000円カットで1万4000円。

<check3>国民健康保険の支払いがない月はその分を特別支出用にプール

共働きで子どももいないので、生命保険の死亡保障は不要。個人年金保険と医療保険だけにして、保険料は1万7000円ダウン。また、国民健康保険料は年10回払いです。
支払いがない2か月はその分を貯めて、特別支出用にプールしましょう。黒字が出た月や収入が予定以上に多かった月も、一部をとりおいておくと安心。

●教えてくれた人
【畠中雅子さん】

ファイナンシャルプランナー。新聞・雑誌・ウェブなどに連載をもち、全国でセミナーや講演を行う。著書に『覚えておきたい!お金と節約の基本88』(扶桑社刊)など

<イラスト/平井きわ 取材・文/ESSE編集部>

覚えておきたい!お金と節約の基本88


家計管理・節約・住宅ローン・子どもにかかるお金etc.今さら聞けないお金の疑問を豊富な図解とともにわかりやすく解説