隠れビンボーに注意!言いわけしすぎて、ある日突然家計が回らない!?
2018.03.05
  • この記事を
    シェア

「日々の生活に困っているわけではないし、一見問題なく暮らしている。なのに、貯蓄がほとんどない…。そんな将来が心配な〝隠れビンボー〞が増えています」
こう警鐘を鳴らすのは、ファイナンシャルプランナーで、家計再生コンサルタントの横山光昭さん。隠れビンボーのなかでもよくいるタイプが“言いわけビンボー”と呼ばれる人だとか。

言いわけビンボーの人は、貯蓄はしたいけれど、「有機野菜が健康にいい」「洋服は高い方が長もちする」など、分不相応な理由でいつも出費がアップしがち。また、「小さいうちにいろいろ経験させたい」と、子どもの習い事を増やしがちな特徴を持っています。「子どもが小学校に入ったら私も働くから、貯金できる」と自分に言い聞かせて、赤字に目をつぶることも多いと横山さんは言います。傾向と対策を伺いました。

マンガ1

買い物のこだわりと子どもの習い事を絞って赤字を克服

今回、横山さんが家計の再生に乗り出したお相手は、典型的な言いわけビンボーの沢野美穂さん(仮名・40歳)。長女(4歳)の入園で、今年からパートを始めたものの、期待ほど貯蓄が増えないのが悩み。長男(6歳)と長女の教育資金を貯めることを目標にしています。

●レシートを見直して「なくてよかったもの」を自覚

マンガ2出費を引き締めるポイントは、「必要なもの」「不要なもの」をきっちりわけるメリハリの意識。それがない人は、どうしたらいいのでしょう? 「買い物から帰ったらレシートを見直して、『なくてよかったもの』『こだわってよかったもの』に分類しましょう。毎日繰り返すうちに、本当のこだわりが身についてムダ買いが自然に減少します」(横山さん)。

●子連れの買い物は禁止!目的買いを徹底

マンガ3目的を決めて買い物に行ったのに、 100均ではキャラクターグッズ、スーパーではチョコと、野沢さんには、子どもにねだられてついで買いをする傾向が。「ねだられると買ってしまうなら、買い物に子どもを連れていかないのがいちばん。買い物メモを持って、それ以外は買わない習慣を徹底しましょう」(横山さん)。

●子ども費を減らし将来のため貯蓄を

マンガ44つの習い事の月謝、ハロウィーンやクリスマスなどイベントごとに買う小物で、日用雑費が大幅にアップしている横沢家の懐事情。「今の時点で、子どもにこれだけお金をかけていたら、学資が心配。子どもとも相談して、好きな習い事やイベントだけ残し、将来のために貯蓄していきましょう」(横山さん)。

●被服費は年間予算を決めて!なし崩し的に増やさない

マンガ5横沢家の家計バランスは、服を買うと赤字になり、赤字補填でボーナスがどんどん減ってしまいます。対策は、どうすれば? 「被服費の年間予算を決めて、あらかじめボーナスからとりおきましょう。予算の枠をつくった方が、結局はムダが出ません。代わりに月の被服費は減らして、小物や下着などはそこから購入して」(横山さん)。

●こだわりと言いわけを区別する

マンガ6「家族の健康のため」「子どものため」と買うものにこだわりすぎた結果、沢野さんの家計は赤字! 「〝こだわり〞はあっていいですが、欲しいものを買う〝言いわけ〞と区別することが貯まる家計への第一歩です」(横山さん)。

ESSE4月号では“言いわけビンボー”以外にも“見栄っぱりビンボー”など隠れビンボーをタイプ別に紹介し、その対策も指南しています。こちらもお見逃しなく!

【監修/横山光昭さん】
家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、マイエフピー代表取締役社長。独自に生み出した「横山式90日家計再生プログラム」に基づき、これまで1万人以上の赤字家計を再生。借金、ローンを中心に盲点を探りながら、抜本的な解決、確実な再生をめざすアドバイスを行う。著書に『定年後の暮らしとお金の基礎知識2018』『年収300万円でも絶対貯まる!脳タイプ別ハッピー貯金生活』(ともに扶桑社刊)など多数

<イラスト/柏屋コッコ 取材・文/ESSE編集部>

ESSE(エッセ)2018年4月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/麻生久美子

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
定年後の暮らしとお金の基礎知識2018


老後の「家計」「手続き」「保険」「相続」など、お金の流れが全部わかる一冊!


年収300万円でも絶対貯まる!脳タイプ別ハッピー貯金生活


だれでも当てはまる4つの脳タイプ。自分の脳タイプさえわかれば、みるみるお金が貯まります!