1. トップ
  2. 雑誌

ESSE応援団を募集!レポーターになってプチ稼ぎしよう<締めきりは3月1日>

ESSE編集部
2020.12.28
  • この記事を
    シェア

ESSEの誌面づくりに参加できる「ESSEレポーター」を大募集!
月2回のアンケートに答えてプチ稼ぎができるほか、アンケートの内容次第では編集部から声がかかり、取材や撮影に参加できることも。
もちろん登録は無料。ぜひ皆さんの「興味」や「得意分野」をESSEの誌面づくりに生かしてください!

ESSE本誌を見た方は、
こちらで今すぐ応募!

ESSEでは半年に1回、応援団を募集しています!

イラスト
レポーターになると、たくさんのメリットが!

料理や節約、収納、インテリア、ビューティ、ファッション…幅広いテーマを扱う生活情報誌・ESSEが、一緒に誌面をつくってくれるレポーターを募集します。
活躍の場が広がるチャンスやメリットがたくさんあります。奮ってご応募ください!

●ESSEレポーターのメリット1:雑誌の企画づくりに関われる!

皆さんの生活に寄り添っていくために、ウェブを中心に月2回以上のアンケートを行っていきます。皆さんの回答から、ESSEの企画が生まれます。
「最近こんなことにハマっている」「周りでこんなことが流行っている」「こんな記事が読みたい」「もっとこういう情報が欲しい」…そんな思いをぜひお寄せください! 編集部一同、丁寧に読んで参考にします。
もちろん、アンケートの内容は、事前の許可なく掲載されることはありません。「雑誌は好きだけれど本名や顔は出したくない」という方も大歓迎です!

●ESSEレポーターのメリット2:アンケートに答えるとESSEが毎月読める!

毎月2回、ESSEレポーター全員にアンケートをお願いします。また、テーマ別に臨時でアンケートをお願いすることも。
アンケートに答えていただくと必ず約600円の謝礼がもらえるので、実質ESSEを買うのが無料に。毎月のアンケートのほかにも、得意なことを活かして誌面に登場してくれた方や、定期的に行う座談会などに参加してくれたレポーターには別途謝礼をお支払いします!

●ESSEレポーターのメリット3:誌面に出られるかも!

アンケートの回答がキラリと光る方には、編集部から取材や撮影のお願いをさせていただくことも。得意分野や好きなことをぜひアピールしてくださいね。

・節約やプチ稼ぎ、収納やインテリアの取材、撮影
・ダイエットやお金に関する体験談の取材
・美容やファッションページでのモデル出演

今まで誌面に登場し、そこからお仕事につなげたり、有名になったESSEレポーターも。その事例をご紹介します!

ESSEレポーターに応募する!

●アンケート結果で誌面がつくられています!

誌面有名ショップの好きな商品やその使い方など、一斉アンケートで調査! 皆さんのリアルな声が誌面に反映されています。

●あなたの暮らしが、誌面に!!

料理をする女性アンケートの回答が興味深い方には編集部からお声がけも! 得意なことだけでなく、悩みも強みになります。ぜひ積極的に参加してください。

●ESSEレポーターから、インフルエンサーに!

企業とのタイアップESSEレポーターの活動から幅を広げて、インフルエンサーになった読者も!
企業とのタイアップに活躍していただいています♪

◆ESSEレポーターとは?

【活動内容】
・毎月2回、ウェブアンケートの回答
・不定期で、ESSEの企画にまつわるさまざまなアンケートへの回答など
【活動期間】
・2021年4月1日~2021年9月30日
※レポーター制度の概要は変更になることがあります

◆アンケートはウェブ回答が中心です

エッセレポーターのお仕事では毎月ウェブでのアンケートにお答えいただきますので、スマホかパソコンをお持ちの方に限定させていただいております。
また、謝礼もメールで受け取れる「図書カードNEXT」にてお送りしております。
企画ごとのアンケートだけでなく、毎号ESSEについての感想や要望をお聞きします。

◆応募は2021年3月1日(月)23:59まで!

「雑誌づくりに参加したい」「自分の得意なことを生かしたい」「プチ稼ぎがしたい」という方々は、奮ってご応募ください。
ぜひ一緒に、ESSEを盛り上げていきましょう!

レポーターに応募する!

※ESSEレポーターに選ばれた方には、メールにてご連絡いたします。メールが受け取れるよう、迷惑メールフィルター機能などをご確認いただき、メール受信の設定(許可リスト)で「fusosha.co.jp」(編集部連絡用)及び「toshocard.jp」(謝礼送付用)のドメイン解除をお願いいたします。

※現在、ESSEレポーターとして活動している方も応募できます。

<イラスト/黒猫まな子 文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】