1. トップ
  2. 雑誌

母や妻としてだけでなく、自分自身をもっと楽しんでいい!<キレイな母ちゃん募集!締めきりは6月30日>

ESSE編集部
2020.06.19
  • この記事を
    シェア

家事に子育て、毎日忙しいはずなのに“なんだか、あの人キレイ!”。
ESSE編集部では、そんな「キレイな母ちゃん」が増えていると実感しています。そこで今年も、「キレイな母ちゃん」応援企画と題して、第2回「キレイな母ちゃんコンテスト」を開催。忙しくても美容やファッションを楽しむポジティブな気持ちをもつ人を応援します!
「キレイな母ちゃんコンテスト」ってなに? という方に、「キレイな母ちゃん」1期生にこれまでの活動について話を聞きました。

母として妻としてはもちろん、ひとりの個人として社会と関わりたい! と応募を決意

●締めきり最終日に勇気を出して応募

黒服女性キレイな母ちゃん1期生として、ファッションや美容の記事で大活躍している波田野真帆さん。
「応募したのは締めきり最終日。”小さな子どもがいる自分につとまるかな…”と、最後まで悩みましたが、思いきってエントリーしました」と、当時を振り返ります。

「第一子の妊娠・出産を経験し、初めての子育てに無我夢中で過ごしていましたが、家族・友人としか話さない日常にふと気がつきました。母として妻としてはもちろん、ひとりの個人として社会と関わりをもちたい! と、応募を決意しました」

応募はコチラから

●美容ライターやモデルとして活動した、刺激的な日々

化粧品元々美容は資格をとるほど大好き。
その特技を生かし、エッセオンラインで大好きなコスメを紹介する連載がすぐに決まりました。

走る女性と子どもさらに、ESSE本誌ではファッション企画のモデルに挑戦。
「ファッション雑誌などでポージングの勉強をして本番にのぞみましたが、当日はただただ緊張して体が固くなってしまいました。
けれど和やかな編集さん、カメラマンさんやメイクさんにたくさんフォローしてもらい、1日のロケやスタジオでの撮影をなんとか終えたことは、今でもとっても印象に残っています」

「キレイな母ちゃん」募集中。審査員は神崎恵さん!

●第2期生のキレイな母ちゃんを目指す方へ

「”家族がいるから”、”大変そうだから”など、本当はエントリーしたいのに悩んでいる方がいるなら、ぜひ勇気を出して周囲の方に相談してみてほしいです。
たとえば私は、子どもと一緒に撮影現場にお邪魔することもありました。
やりたいことは周りも応援してくれるし、みんなが協力してくれればなんとかなる場合も多いと思います。
私もエントリーにあたってはたくさん迷いましたが、かけがえのない体験をさせていただき、挑戦してよかったなと思っています」

家事や育児に忙しい皆さんが、自分らしく輝くチャンスをエッセは応援します。
審査員は、ご自身も3人の男の子を育児中の美容家・神崎恵さん!
締めきりは6月30日です。ぜひご応募、お待ちしております。

応募はコチラから

<撮影/田形千紘、須藤敬一 取材・文/ESSE編集部>