1. トップ
  2. ライフ

別居中の発達障害夫婦の3時間デート。妻の誕生日に渡したかった意外なもの

2021.09.25

グラフィックデザイナーの西出弥加さんと訪問介護の仕事をする光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら結婚。そして、結婚早々から別居という道を選んでいます。お互いに居心地のいい暮らしのために離れて暮らす夫妻ですが、今回は久しぶりに会ってもその時間はたったの3時間だというその理由についてつづってくれました。

夫婦
夫の光さんと妻の弥加さん

別居中の夫婦が3か月ぶりに合うも、3時間でお別れ。そのワケは?

発達障害同士で結婚した私たちは、お互いが居心地がいいようにするため別居中です。前日、3か月ぶりに夫が東京まで会いに来てくれたのですが、なんと今回は会ってから3時間で夫は帰宅しました。

漫画1片道2時間かけて3時間だけ遊んで、また2時間かけて名古屋へ帰っていく夫…。みなさんは不思議だと思うかもしれませんね。

この日は東京駅付近をふたりで散歩したのですが、東京駅はホテルのカフェまで直通で、地下にもたくさんの飲食店が立ち並び、短時間で濃いデートができて楽しいです。地下通路をうまく使えば素早く1~2駅先へ移動もできます! そして地上に出ると写真映えする景色も多いです。

じつは発達障害を抱えている私たちは長い時間、人と一緒にいると疲れてしまうこともあるので、夫婦であっても短時間がちょうどいいときがあります。

漫画2そしてこの日は一瞬だけ会いに来てくれた理由がありました。それは私の誕生日に渡したいものがあるから、ということでした。

「たまたま時間が空いたから行くよ」というゆるい感じで連絡が来たので、誕生日など気にせず単純に会うのかと思いきや…。

漫画3結婚当初、お互いの発達特性が悪い方向に進み、共倒れしてしまう危機が長期間続いてしまい、婚約指輪のことなんてまったく考えていませんでした。

私が以前、ボソッと呟いた「婚約指輪はオモチャが良い、子ども時代に戻ったような気持ちになれて、なんか良い」という言葉をずっと覚えていてくれて、2年越しで渡しに来てくれたのでとても嬉しかったです。

夫は、いざオモチャの指輪を探してみると、なかなか見つからなかったようです。いろんな店舗を回り、仕事の合間で駆けつけてくれた夫に大きな愛情を感じました。

◆西出弥加さん・光さんの記事はこちらもチェック◆

発達障害夫婦は「人混みが苦手」。深夜の自転車デートでストレスも回避

グラフィックデザイナーの西出弥加さんと訪問介護の仕事をする光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら結婚。そして、結婚早々から別居という道を選んでいます。お互いに居心地のいい暮らしのために離れて暮らす夫妻ですが、今回は2人のデートについて、つづってくれました。 発達障害夫婦が深夜デートを...続きを読む

久しぶりに会ったのに寝落ち?発達障害夫婦がそれでもモメない理由

グラフィックデザイナーの西出弥加さんと訪問介護の仕事をする光さん夫妻は、夫婦ともに発達障害という特性をもちながら結婚。そして、結婚早々から別居という道を選んでいます。お互いに居心地のいい暮らしのために離れて暮らす夫妻ですが、今回は2人が久しぶりに会ったときの、「ある行動」についてつづってくれました。...続きを読む

<文・イラスト/西出弥加 構成/西出光>

【西出弥加さん・光さん】

妻の弥加さんは東京在住の絵本作家、グラフィックデザイナー。1歳のときから色鉛筆で絵を描き始める。20歳のとき、mixiに投稿したイラストがきっかけで絵本やイラストの仕事を始める。オフィシャルブログ「私とリトルさやの徒然日記」、Twitterは@frenchbeansaya

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア