1. トップ
  2. ライフ

犬連れでいざというときに備える。ふうちゃんキャリーケースに挑戦!<保護犬マンガ>

2021.09.01

台風や地震などの災害について、認識を深めて対処する心構えを準備する「防災の日」。

保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットと3人で暮らす、イラストレーターの岩沢さんもいざというときに慌てないためにも、普段から備えています。

しかし、ふうちゃん、見慣れない未知なるケースに恐怖を感じているよう…。

ふうちゃん、ドキドキのキャリーケース

漫画9月1日は防災の日ですね。わが家では人間用の備蓄品のほかに、ふうちゃん用のフードやお水、トイレシート等を多めに買っています。

気がかりなのは、もし避難所で過ごすことになったり、長時間移動することになったら…ということです。

ケージに入っていればペット同伴OKという避難所もあるようですが(自治体や避難所によって対応は異なるかもしれませんので、事前に調べておくと良いかもです)、普段からケージに慣れていないとストレスがたまるのでは、と心配になります。移動用のキャリーケースもですね。

先日、ふうちゃんをキャリーケースに入れる練習をしました。

キャリーケースに入ろうとする犬じつは、以前はマンガのようにうまくいったのですが、今回はオヤツで気を引いても入ってくれず…これまでの経験から、なにか学んでしまったようです。
結局、オットがふうちゃんを抱っこして中に入れ、私がすかさずフタを閉めるという作業になってしまいました。

キャリーケースに入った犬何度かやるうちに慣れてくれるかなと思ったのですが、以前よりさらにキャリー嫌いにさせてしまったかもしれません…。反省です。

キャリーケースから顔を出す犬キャリーにすすんで入ってくれるわんこもいるそうですが(正直とてもうらやましい…)、個々の性格や好みの違いもあるでしょうし、ふうちゃんの様子を見ながら、少しずつ慣れてもらえたら、と思います。

【岩沢さん】

イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「IWASAWA’S PORTFOLIO」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア