1. トップ
  2. ライフ

50代・夫婦で新型コロナ感染。2回の危篤状態から復活するまで

磯 由利子
2021.06.13

新型コロナが流行してから早1年以上が経過し、現在も東京や大阪、沖縄など9都市で緊急事態宣言が続いています。各地でワクチン接種が進みつつも、医療のひっ迫、重症者数の高止まり、変異株の流行などのニュースが続き、まだまだ気が抜けない状況です。

女優の川上麻衣子さんが代表理事を務める一般社団法人『ねこと今日』のスタッフ、橘一江(たちばな・かずえ)さん(54歳)は昨年11月に夫婦で新型コロナウイルスに罹患し、人工心肺装置・エクモ(ECMO)を使用した治療中に2回も危篤状態になりました。

着物女性2人
女優・川上麻衣子さんと一緒に『ねこと今日』の運営にあたる橘一江さん(左)。

現在は、体調もかなり戻り日常生活を送る橘さんと夫の裕策さんに、当時のお話を伺いました。

持病なし健康体のはずが新型コロナ陽性後2日目に重症、危篤状態に

持病もなく、風邪もひかず、週2~3日は5キロのランニングをこなす健康体の橘さんが新型コロナに罹患したのは昨年11月のこと。

川上麻衣子さんと橘一江さんが仕事関係の会食に参加し、その後、川上さんが発熱して新型コロナ陽性と判明。川上さんと「30分以上マスクなし」で会食をした相手として、橘さんも濃厚接触者となり、保健所から連絡をもらったのが11月7日でした。

11月4日 川上麻衣子さんと橘一江さん、仕事の件で会食。
11月6日 川上さんが仕事先の大阪で発熱。
11月7日 東京の保健所から「川上さんの友人が新型コロナに感染し、川上さんが濃厚接触者になりました。川上さんと会食された橘さんも体調に注意するように」と連絡が入る。
11月9日 発熱してないが、念のためPCR検査を受診。
11月11日 発熱し、新型コロナ陽性と判明。保健所に連絡し、ホテル療養の相談をする。
11月13日 容態が悪化しホテル療養から入院に変更。保健所の送迎車に乗り病院へ。

「川上さんが発熱し、彼女が滞在中の大阪から連絡をくれた7日の時点では、私は熱もなく、普通の体調でした。『一江さんは私と一緒に食事をしているから体調の変化に気をつけてね。熱が出たら、保健所に連絡してね』と川上さんがすごく心配して、その後も連絡を取り合っていました」と橘さん。

自宅で飼っている3匹の猫の世話をしながら「もしコロナになっていたらどうしよう」など考えているうちに、「ちょっと体調が悪い?」「すごく頭が痛い!」と、体調がどんどん悪化。発熱してPCR検査の結果も陽性と判明しました。

じつは、この発熱した11月13日頃から記憶が曖昧だという橘さん。
「夫が話すには、PCR検査も1人で受けに行ったし、自分で入院の荷造りもして、保健所からきた車に乗り込んでいたよ、と。でも私は高熱になってからのことは、ほとんど覚えていないのです。夫も濃厚接触者になってしまったので、玄関までしか私を見送れず、遠くから私が保健所の車に乗り込むところを見たのが最後だったそうです」

1 2 3 4
  • この記事を
    シェア