1. トップ
  2. ライフ

認知症の義母をやむなく自宅で介護。「居心地が悪い」発言にとうとう限界

2021.04.27

親の介護はどこかのタイミングで考えておくもの。それが実の親かもしれませんし、結婚していたら義理の親かもしれません。
今回は、パーキンソン病と認知症を同時発症してしまった義理の母親を自宅で介護することになったという方にお話を伺いました。

車椅子に座る女性と手をとる女性
自宅で義母の介護をすることになり、生活は一変(※写真はイメージです。以下同)

義母が倒れ施設が見つかるまで、自宅を介護をすることに…地獄だった日々とその後

介護が必要になってしまった義母を自宅で看ることになったという大山薫さん(仮名・49歳)。そこに至った経緯と、施設に入所するまでの日々を振り返ってもらいました。

●義母が倒れた!パーキンソン病に認知症も発症

「去年の12月初頭です。夫の弟が義母の家の玄関を開けたら、そこに義母が倒れていたっていうんです。自分で起き上がれなくなっていました。パーキンソン病でした」

パーキンソン病は手足の震えや筋肉のこわばりが起き、運動障害を起こす病気です。義弟の連絡を受け、夫と一緒に病院に駆けつけた大山薫さん。医者から衝撃の宣告を受けました。義母は認知症も発症していたのです。

「3年前に義父が亡くなったんですが、義父は内弁慶の亭主関白。義母にいろいろと世話を焼かせていました。義母も気が強くて口が悪いので、決して仲のよい夫婦ではありませんでしたが、生活の質は保たれていたんでしょう。その義父が亡くなって、食事や掃除の手を抜くようになり、気がついたら後戻りできない状態でした」

病院での検査の結果、義母は「要介護3」の認定を受けました。この段階は排泄や入浴、着替えなど、日常生活全般において介助が必要。認知症も会話ができないほどひどくありませんが、つじつまが合わないこともある状態でした。医者からは「もう一人暮らしは無理。家族が引き取るか、施設に入れるか考えてください」と言われました。

●入所できる施設が見つからない!

「義母は入院するような病気とは違うので、治療と診断がすんだらすぐ家に帰されたんです。かといって、これまでどおり家に一人で置いておくわけにもいきません。一時的に、義母は家の近い義弟のところに行くことにしました」

大山さんの夫は51歳。その弟は大山さんと同じ年の49歳で妻と子ども2人の4人家族。義母の家から徒歩数分の賃貸マンションに暮らしていました。対して大山さんは、義母の家から電車で2時間近く離れた地域で、持ち家マンション暮らし。子どもはもうすぐ高校生になる男の子一人でした。

そういった状況で、義母が義弟の家に行ったのは自然だったといいます。徒歩数分という近さだけではなく、義弟は義母の家を自分の車の駐車場に使うほか、普段から義母と頻繁に交流していました。

「夏休みや正月に旅行に行ったり、週末に焼き肉や寿司屋に行ったり。それらの費用は義弟一家の分も全部、義母に出させていました。車だってタダで実家に置いているんです。うちがなにもしないつもりではありませんが、義母が困ったらまず義弟が助けて当然だという気持ちはありました」

そうは言っても、義弟家でずっと義母の面倒を見ることはできないだろうと考えていた大山さん。自宅介護をするのは入所する施設が見つかるまでとし、それまでは義弟家と大山さん家で、1年か2年の交代で面倒を見ようと話していたといいます。

「問題はとにかく施設が見つからなかったことです。甘かったですね。じつは薬と通院を始めたら、義母はみるみる元気になり、要介護3からもっと程度の軽い要支援2に回復したんです。ところが費用の安い施設は、要介護からしか利用できなかったり、要支援から入れるところは数十人待ちだったり。すぐ入れる施設は費用が高く手が出ませんでした」

●実の母親に冷たくあしらう義弟。うちで引き取るしかない状況に

メガネをかけた男性とにもかくにも自宅介護をはじめたものの、義弟夫婦は2週間で音を上げました。義弟が「兄貴は長男のくせに、オフクロのことなにしてんの? うちはやってるのに」と文句を言ってきました。

「さんざんお義母さんにお金を出してもらっていたくせに、たった2週間でギブアップ。しかも相談してくるならまだしも、押しつけるために言いがかりをつけてきたような言い草でした。事前にお義母さんの面倒は交代で見ようという話もしていたのに、一方的にもほどがある。もともと期待はしていませんでしたが、あきれ果てました」

義弟は義母を病院に連れていくときも“ケチ”ぶりを発揮したといいます。駐車場代を出すのが惜しくて、近くの道路に路上駐車し、パーキンソン病の母親を一人で病院に行かせたのだそうです。また母親が自宅で倒れても助け起こすこともせず、「なにしてんの? さっさとどいて」とまで言い放ったそう。

「義母から“お兄ちゃんのところに行かせて”と泣きつかれてしまって。さらに義弟は信用できないから、お金の相談もできないと言うんです。さすがに義母も、義弟一家にたかられていると感じていたようです。もううちで引き取ると言わざるを得ませんでした」

1 2 3
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア