1. トップ
  2. ライフ

カトちゃんの妻・綾菜さんが考える、いつか来る別れとその後

おおしまりえ
2021.04.02

45歳差でもラブラブで仲よし。加藤茶さん(以下カトちゃん)綾菜さんご夫婦は、10年たった今は世間からそんな認知をされつつあります。現在32歳の綾菜さんと、78歳のカトちゃん。死はだれにでも平等であるとはいえ、年上の夫が先に逝ってしまう可能性があります。
結婚から10年の間、カトちゃんは過去に大動脈解離やパーキンソン症候群など、大病を繰り返したこともあるそう。そんな夫を見て、妻はいつか来るパートナーとの別れについて、どう思うのでしょう――。

加藤綾菜さん正面
加藤綾菜さん

加藤綾菜さんが語る、年の差夫婦なら考える、パートナーとのいつか来る別れへの覚悟

カトちゃんは2014年にパーキンソン症候群を発症し、当時命の危険を間近で感じたという綾菜さん。大病をしていなくとも、超年の差であればパートナーが先に逝くという現実は考えられるわけですが、ご自身はいつか来る別れについてどのように考えているのか伺いました。

●年の差があっても、人の死は平等

――年齢が45歳離れていることで、この先どれだけ一緒にいられるか、考えたりはされますか?

綾菜さん:正直、想像はしますけど、なるべく考えないようにしています。ポジティブかもしれませんが、知人に若くしてパートナーを亡くした人がいます。歳が離れた夫だから先に死ぬかといったら、同世代にもその可能性はあるわけです。究極、どうなるかは分かりませんから、「先に死んじゃうから寂しい」みたいなことは考えたことはありません。

ただ、カトちゃんからは大病したときに「僕が死んだら再婚して欲しい」って言われました。「一生僕を想って生きてなんて言えないから、再婚して子どもをつくって幸せになってね」って。でも私はそのとき看病に必死で、「なに言ってんの!?」て返しちゃいましたが、後からジワジワと愛を感じますよね。

カトちゃんは普段愛情を言葉では表現しない方ですが、定期的に濃度の濃い言葉をくれるんです。印象に残っているのが「もし来年死ぬってなったら、早く生まれ変わって70代のあやちゃんを見つける」って言葉です。彼ってロマンチストなんですよ。だから私も、現役を少しでも長く続けたいという彼の夢を、サポートしたいって思えるんです。

加藤綾菜さんインスタグラム
加藤綾菜さんインスタグラム@katoayana0412より

――なかなか言われる機会のない愛の言葉ですが、だからこそ、カトちゃんの死は具体的に考えないものの、死というテーマについてはお互いがその立場で考え、今できる思いやりを形にしているんですね。

綾菜さん:カトちゃんとは2011年に結婚しましたが、そのきっかけは東日本大震災でした。当時私は飲食店に務めていましたが、地震があり、カトちゃんと連絡もつかないしどうすることもできなくて、アルバイトの子ととりあえずお店で待機していることしかできませんでした。そしたら夜になり、10時間くらいかけてカトちゃんが迎えにきてくれたんです。当時は道路が大渋滞だったのでそのくらい時間がかかったそうなんです。その後2人で10時間かけて帰宅できました。この出来事があり、「なにかあったときも一緒にいられるように結婚しよう」という気持ちがお互い高まり、結婚を決意しました。

――当時震災がきっかけで結婚する人たちが多くいましたが、お2人もいわゆる“絆婚”だったのですね。命を意識し一緒になり、そして今もお互い命の尊さを感じながら結婚生活を続けているんですね。

綾菜さん:そうですね。私はカトちゃんの死は考えないようにしていますが、カトちゃんは仕事でご葬儀会社のCMに出たのをきっかけに、物理的な準備はし始めたようです。私も前に「お葬式ではハゲヅラと眼鏡をつけて、ペッてやってね! 絶対皆が笑えるようなお式にしてね」って言われました(笑)。できれば舞台で死にたいと考える人らしい発想ですし、すてきですよね。

1 2
  • この記事を
    シェア