1. トップ
  2. ライフ

20年連れ添った夫との離婚劇。1600万円もの借金の理由は…

長根典子
2021.03.01

3組に1組は離婚している時代ですが、いざ離婚しようとなっても簡単なことではありません。
長年連れ添った配偶者との離婚を決める際、さまざまな事情があります。ここでは、20年の結婚生活にピリオドを打ったという佐藤まどかさん(仮名・48歳)にお話を伺いました。

離婚したいと思っていたら…まさかの夫の大問題が勃発

離婚届
離婚したいと思っていたら、ある日夫から「偽装離婚」を提案され…(写真はイメージです。以下同)

離婚は2度目だという佐藤さん。元夫は同じ高校の同学年で、20代のころ人生や仕事について語り合った“親友”だったそう。最初の結婚がDVで破綻したときも助けてくれ、1歳になったばかりの息子を連れて再婚。息子は2人目の夫を本当の父親だと思って育ちました。

再婚生活は20年。今度こそ間違いのない相手を選んだはずでしたが、元夫は予想に反してモラハラ男。佐藤さんは2度目の結婚も失敗だったと認められず、結婚18年目にしてようやくいつか必ず離婚しようと考えるようになりました。
それから2年。ある日突然、夫の方から離婚を提案してきたのです――。

※ここからは、佐藤さんの語りで構成します。
※すでに離婚をしていますが、ここでは「夫」としています。

●夫の事業破綻から「偽装離婚」を切り出され…

ある月曜日、私は夫を新幹線の最寄り駅まで車で迎えに行きました。名古屋出張から夫が最終便で帰ってきたのです。夫は数年前からネット通販の店を開き、私はそれを手伝っていました。このころ夫は毎月10日間から2週間ほど、出張と称して名古屋に出かけていました。

夫は車に乗ると、腰が痛いので翌日病院に行くと言い出しました。そしてさらに「自己破産するつもりで、資金を残すために偽装離婚する」と続けたのです。

「え、会社の資金繰りがどうにもならないってこと?」
「そう。だから偽装離婚してできるだけ資金を残したいんだ。形だけのことだから、生活は変わらないよ」

翌日車で夫を病院へ連れて行くと、夫はそのまま入院になりました。原因は椎間板ヘルニア。後からわかったことですが、出張先で風俗に頻繁に通い続けた結果、腰を痛めたというわけです。

知るよしもなかった私は急いで家に戻り、入院の支度を整えて再度病院へ向かいました。夫はなんと個室に入っています。自己破産するという割には、この数年で夫はすっかりセレブ気取りになっていました。

●入院の翌日に発覚した元夫の風俗通い。証拠が次々と

翌日の午後病院に行くと、夫は期日の迫った書類があり、それを持ってくるようにと言いました。

私は自宅に戻って夫の机で書類を探しました。しばらくするとブインと音がして、夫のパソコンモニターにホーム画面が映し出されました。夫はパソコンにパスワードをかけていて、普段はホーム画面を見ることができません。それがなぜか立ち上がって、ホーム画面が見えているのです。私は確信があったわけではありませんが、そのまま夫のパソコンの中身をチェックすることにしました。

フォルダを順番にあけていくうち、予想以上のものが出てきました。ソープランドのソープ嬢とやりとりしたメールや、キャバクラ嬢と撮った写真です。写真は嬢の名前のついたフォルダで整理され、7つありました。

目を見開く女性夫の通っていたソープランドは2時間65000円という高級店。
メールの日付で最も古いのは5年前。通販ショップを始めた頃です。店を立ち上げたばかりでお金が必要なのだろうと、夫が生活費を入れなかったのを追求しなかったのに、こんなことに使っていたのです…。

さらにこの2年間は大阪のセクシーキャバクラ(セクキャバ)にも通っていました。セクキャバとは女性を触るような直接的なサービスのある店です。夫の通っていた店は有名店で、客の日記やレポートが簡単に見つかりました。そのサービス内容は「いかがわしい」という言葉がピッタリ。とくに私が夫の店を手伝いはじめ、ようやく売り上げが増えていった時期から、セクキャバ通いは頻度を増していたのです。
自己破産の理由はこの風俗通いだったというわけです。

後日、私は店名や料金体系、サービスの料金相場を調べあげました。私の計算では夫は毎月100万円以上を使う太客だったのです。夫は少なくとも1500万円、多ければ2000万円以上使い込んだ計算になります。
夫は複数の銀行から計1600万円を借り入れて自己破産しました。さらに私が息子の大学費用にためていた数百万円の貯金もすべて使っていたのですから、私の計算はだいたい合っていたことになります。

▶ 次ページ
1 2 3
  • この記事を
    シェア