1. トップ
  2. ライフ

60代一人暮らし。身の丈にあったものの選び方、減らし方

ESSE編集部
2020.07.27
  • この記事を
    シェア

不必要なものは手放して、少ないもので楽しく、シンプルに暮らす人が増えています。片づけや掃除の手間が減り、節約にもなると、いいことづくめ。

とはいえ、暮らしに必要なものは人それぞれ違うはず。自分自身の物差しで、ものを整理するのが大切です。「もたない暮らし」に関する著書が人気の60代ブロガー・ショコラさんに、自分らしく、小さく暮らすヒントを教わりました。

リビングに女性
生前整理のつもりで片づけをはじめたという、60代のショコラさん。現在は1LDKのマンションで一人暮らしです。

60代で一人暮らし。「私が本当に必要なもの」だけに囲まれて、豊かに暮らす

周りがもっているから手に入れたもの。せっかくもらったから取ってあるもの。そんな、自分の物差しで選んでいないものに囲まれていませんか? それらは手放しても後悔しない可能性大。

「私にとって、本当に必要? ものに出合うたびに問いかけます。年を重ねて“私”を知ることで、その判断はより的確になりました。さらに、豊かに生きるうえで、本当に必要なものなんてごく少ないことにも気づけたのです」

●ひとつで何役も担ってくれるものを選ぶ

デスクとイスたとえば、ライティングビューロー。2年かけて、スペースに合うコンパクトなものを探しました。デスクであり、引き出しをもつ収納家具であり、お気に入りを見せる飾り棚。3つの役割を担ってくれることで、キャビネットと書きもの用に使っていたテーブルを手放せました。

ディスペンサー食器洗い洗剤のディスペンサーは、スポンジも収納できるものに。

1 2 3

【この記事も読まれています】