40代は変化の年代。「我慢していた本質」を否定しないで

「また新しいけどどこかにいた私が来るんだ」

(C)雁須磨子/太田出版