1. トップ
  2. ライフ

恐怖のママ友いじめ。悪口のスクショが突然送られてきて…

烏丸莉也
2020.03.08
  • この記事を
    シェア

ESSE読者267人に「大人のいじめ」に関するアンケートを実施したところ、56パーセントにあたる150人がいじめを経験したり、見聞きした経験があることが発覚。
結婚して子どもが生まれると、それまでの人生でつき合いがなかったようなタイプの人とも関わることも。「ママ友」間でのいじめも深刻なようです。

驚いている女性2人
ある日突然、理由もなくいじめのターゲットに(※画像はイメージです)

大事なことを伝えてくれない!陰湿なママ友のいじめ

「今まで仲がよかったのになんで…?」理由すらわからず、急に仲間はずれになってしまったという体験が、ママたちから多く寄せられました。

●ママ友の仲間はずれの実態

「公園での子どもの遊びがきっかけで、急にママ友に無視をされた。挨拶もしてくれず、目も合わせてくれなくなった」(38歳・Iさん)

「友人が幼稚園の役員をやっていたのですが、仲間に無視されたり、仕事を押しつけられたりしていました。押しつけられた仕事は、私たちもお手伝いしました。ほかのコミュニティに属するようにして、仲間はずれにするような人とは関わらないようにするのがいいと思います」(41歳・Mさん)

力になってくれる友人がそばにいてくれると心強いですね。幼稚園だけでなく、PTAの役員などの集まりでは閉塞感がいっそう強まるようです。

●PTAの役員の会合で一人だけスルー…

「PTA役員が、明らかに特定の人を除いて話し合いをしています。その特定の人も同じ役員なのに、事後報告しているそうです。3月、任期が終わるのを待つのみ…」(43歳・Hさん)

「PTAの役員の集まりの際に、その人に聞こえるか聞こえないかくらいの声で絶対にその人だとわかるような内容の嫌味を言っていた人が。会議の際に、同意や確認のために言葉をかけても、スルーすることも」(41歳・Iさん)

そうじゃなくても負担が大きいPTAの役員。人間関係までこじれると、出席するだけでも神経がすり減りそうです。

●子ども同士のいざこざがママにまで…

「ママ友が子ども同士のいざこざを、そのお母さんにいちいち文句を言っていました。言われ続けた側のママがそれにブチ切れ、園庭で逆ギレして泣かせてしまう事態に…。しまいには担任に、今後は同じクラスにしないよう頼んでいました」(37歳・Oさん)

子どものケンカの延長線上で、大人がこんなにもめてしまうなんて。しかし、直接顔を合わせないLINEでのコミュニケーションは、さらにややこしい事態が勃発している様子…。

●ママ友同士のLINEの闇が深すぎる

「悪口のLINEをスクショして本人に送っていたという事件が」(46歳・Sさん)

「ママ友の間でグループLINEがあることを知らされない人がいる。LINEに招待してあげたいと思いつつ、自分からは提案できません」(43歳・Wさん)

「ママ友のサークルで、私の友達が仲間外れに。別のLINEグループをつくって、みんなで動物園に行ったり誕生日会をやったりしているようでした。私はずっとその友達の相談にのっていました。すべての攻撃(無視も含む)は、その人自身の心の悲鳴だと思うので、攻撃してくる人の心になにがあるのかを考えるようにしています」(34歳・Gさん)

●大事な連絡ごとまで…。困ったママ友のウソ

耳打ちをする女性3人
子どもの学校が同じ間は、ママ友とも波風立てずに過ごしたいもの(※画像はイメージです)

「子どもが優秀なことを妬まれました。地元の野球チームに後から入ったのにレギュラーになったためだと思います。車出しをしないとか、チーム主催のイベントに出席させないように、わざと日時をウソをつかれたりしました」(47歳・Oさん)

「息子が幼稚園の頃、幼稚園で仲よくしていたママ友が急に態度を変え、仲間外れにされたことがあります。グループで遊ぶときに呼ばれなかったり、クラスイベントの連絡はしてくれるけど、お弁当が必要なことを教えてくれなくて、慌ててお昼にコンビニに買いに行ったりしました」(44歳・Kさん)

大事な連絡を伝えてくれなかったり、わざと間違った内容に書き換えるなど、ママ同士のトラブルが、子どもの生活にまで影響してしまうような事態はつらいですね。

1 2

【この記事も読まれています】