1. トップ
  2. ライフ
納得する仕事を得られる自分の売り込み方<ズボラ主婦、育自への道>
2019.12.18
  • この記事を
    シェア

ブログ「意識低い系妻のワンオペ育児」でワンオペ育児の絵日記をつづり、多くの方から共感されているイラストレーター兼主婦のmitoさん。

専業主婦である自分に肩身の狭さを感じ、大好きなイラストを仕事にすることに。自分の納得する仕事をしていくために身につけた交渉術とは?

漫画迷い無し

フリーランスは自分自身の決め事が大事!納得できる仕事を受ける交渉術

前回、フリーランスの友人からのアドバイスをもらい、仕事をしていくうえで自分の中でのルールを固めました。

・自分の世界観を大切にすること
・報酬に左右されず自分の仕事にプライドを持ち、納得のいかない依頼は受けない
・依頼されたものをそのまま受注したり、断ったりせず自分からも条件を出し交渉する

決め事をつくると余計なことで悩まず、依頼が来ても冷静かつ円滑に対応できるように(笑)

その頃から少しずつ美容系のPR案件のほかに混ざって、子育て中の私に興味のある内容の商品依頼も徐々に増えてきました。
それは子ども向けの商品で、オムツや洋服・装飾品、オモチャ、子ども用のスキンケア、サプリメントなどです。

自分の興味のあるもので仕事につながるならそれもいいかもしれない!

…とはいえ、
口に入れる物や、肌につけるものを試すことには抵抗があり → 却下
好みでもない服を着せたり紹介する気もわかず → これも却下

となると…オモチャ!

漫画おもちゃなら息子を出産した産院で、小児科医の方に「装飾品や洋服よりも、本や遊ぶものを豊かにしてあげてね」と言われたことがとても響き、遊ぶものは以前から手づくりしてみたり、積極的に気になったものを取り入れるようにしていました。

オモチャなら試してみるのもいいかもしれない!

●何社か依頼が来ていたオモチャを吟味し、早速交渉スタート!!!

さて、実績もなければ失うものもなにもないこの私。生意気にも強気でいかせていただきます(笑)。

漫画いざ勝負私が返信したメールがこちら。

「遊ばせてみて『よかった』と感じた際にだけ紹介させていただきたいと思います。試してみての納得のいかない商品は、申し訳ございませんが返品させていただきます。それでもかまわなければ、お受けいたします」

ハイ、一体何さま!!!

しかしこの交渉方法に出てみると、相手の出方が見事に2つに分かれることがわかりました。

ケース1 → それっきり返信なし(笑)

漫画ケース1ケース2 → まるっと承諾

漫画ケース2商品に自信があるからなのか、はたまたこの手の対応には慣れているのかはわかりかねますが、「紹介に値しないと感じたときはオモチャも破棄していただきき、紹介ももちろん結構でございます」なんて返信をくださる企業も。

ということで、「報酬をいただくわけではなく、オモチャを無償で提供していただきき、満足できるものならシェアする」という感じで仕事をしていこうと決めました。

すべてが収入につながるわけではないけれど絵日記とブログを地味に更新しつつ、コツコツ交渉を繰り返しながら、納得のいく仕事を受けていくことにしたのでした。

【mitoさん】

猫と息子とたまに帰ってくる夫と暮らす。ワンオペ育児のことをつづるブログ「意識低い系妻のワンオペ育児」やインスタグラム(@sitter_nico)では、育児などの絵日記を更新中

このライターの記事一覧