栄養士が断言!痩せたければプチベジタリアンを目指せ<ゆきち先生の菜食日記>第5回
2019.08.27

祖父の代から80年続くベジタリアン家庭で育ってきたマンガ家のゆきち先生。
ベジタリアンとは、菜食主義とも言われ、肉や魚、卵などの動物性食品以外の食生活を送る人のことです。

栄養士の資格もあるゆきち先生ですが、「ベジタリアンは痩せる」と断言してくれました。その理由を聞いてみました。

ベジタリアンに太っている人はいない!でも食事を変えたらもちろん太る

ベジタリアンニュージーランドからもっちもちの体で帰国した妹でしたが、玄米菜食の生活に戻ると、数か月後には元のガッリガリの体に戻りました。

このときにハッキリと思った。
ベジタリアンは痩せる!

野菜は低カロリーだし、食物繊維でお通じまでよくなっちゃうし玄米は低GI食品だし、まあそりゃそうか。

僕がこれまで会ったベジタリアンの人で、太っている人っていたかなぁ? ん~、ちょっと思い出せない。
ガリガリ過ぎて心配になる人はたくさん見たことあるよ。すぐ思い出せる^^;
ってことで、痩せたい人にはベジタリアンになることをおすすめします!

って言われても急になれないか(笑)

一度知ってしまった肉やお菓子のおいしさを忘れることはできませんからね。肉って最高にウマいもんなぁ(第1回参照)

●目指せプチベジタリアン!痩せたければ野菜を食べよう

僕が提案したいのは、ほんのちょっぴりだけベジタリアンになること。
いきなり完全に玄米菜食の生活を始めるのではなく、これまでどおりの食生活をしながら、野菜の比率を若干増やすのです。
ポイントは「若干でいい」ということ! 

最初からガッと野菜中心にしなくていいのです。それをやってしまうと続きません。体もビックリするし。若干増やすだけでも、長期的に見たらすごい量のカロリーが減り、すごい量の食物繊維が増えています(※僕の言う長期とは半年以上を指す)

結果が出てきて楽しくなったら野菜の比率を増やして下さい。そのくらいゆるいスタートが理想。僕は(一応)栄養士なので、痩せたい人のダイエット計画につき合うことがありますが、「最初の計画がストイック過ぎる人」や「初日にとてつもなく頑張る人」は続きません(笑)

逆に、低いハードルを設定し、それを最初の数週間、着実に超え続ける人は、ダイエットに成功し、リバウンドせずにキープできる率が高い(ゆきち先生調べ)。

かくいう僕は、痩せたいどころか逆にこんなコンプレックスを抱えていました。

やせっぽち

やせていた

ベジタリアンは痩せる。
それは言い換えると、ベジタリアンは太れないってことなんですよ~^^;

体を大きく

野菜サラダ思春期の僕にはそれがつらかった!

苦い思い出です。セロリも苦かったな。

まとめると、痩せたければ、食事に占める野菜の比率を若干増やすことです。

くれぐれも肉やお菓子をいきなり半分の量とかにしないでくださいね。長期的にずーっと続けられる、自分の体に合った(これが大切!)バランスのよい食生活プランをつくりましょう。
お肉がないとヘロヘロになっちゃう人は食べて下さいね!

ハマってきたら、少しずつ野菜の比率を増やして…気づいたときにはベジタリアンかも?

【ゆきち先生】
マンガ家。栄養士。雑誌『みこすり半劇場』でデビュー。生まれたときから、高校生までベジタリアンとしてオーガニックに育つ。テレビ番組『人志松本の○○な話』に出演し、すべらない話に認定された過去もある。インスタグラム(@yukichikakiuchi)に投稿中の「ゴロ合わせ英単語をUPする英語垢」がじわじわ人気に

このライターの記事一覧