1. トップ
  2. 子育て・教育

手づくりハロウィン。ハンガーと色画用紙が妖精の羽に<モチコの節約遊び術>

2020.10.27
  • この記事を
    シェア

もうすぐハロウィン。今回は育児漫画家のモチコさんが、6歳のイチコちゃん向けに妖精の羽の仮装を手づくりしました。家にあるものでできるので、ぜひ試してみて!

妖精の羽をつけた女の子

ハロウィン直前!子どもの仮装は「妖精の羽」で決まり

今回の節約遊びは…前回の「ジャック・オー・ランタンのかぶりもの」に続いて、ハロウィンの仮装グッズ。妖精の羽をつくりました!

今回もまずは完成形からご覧ください。

服に妖精の羽をつけたものラベンダー色の羽、ゆめかわ~♡
ただここに至るまで、紆余曲折ありまして…。

●排水口ネットがたりない!

事の発端は、ある日ネットで、妖精の羽がつくれる記事を発見したこと。つくり方はこうでした。

妖精の羽の型のつくり方めっちゃ簡単そう~! ということで実践してみました。

ハンガーで羽の枠を2つつくって、くっつけて、排水口ネットをかぶせたら…。

排水口ネットの長さが足りない…嘘やん。
いや、枠つくった段階でそんな気してたけど。

白ストッキングやタイツなんてないし、ベージュのストッキングかぶせたらTHE☆ストッキングやし、引っ越し前に使ってて今は使ってないレースカーテン縫いつけるのはめんどくさいし、深型の排水口ネットを100円ショップで買ったところで、それならもうパーティーグッズ買っちゃえばいいし…ど、どうすんねーん!

●色画用紙でゆめかわ妖精の羽が完成!

どうしよう~と思いながら一晩置いといたところで、「あ、家にある色画用紙でええやん」とひらめきました。

ということで、こんな感じでつくりましたー!

【材料】
・針金ハンガー 2本
・色画用紙 好きな色4枚
・ゴムひも
・ホッチキス
・ティッシュ

枠に色紙を入れる枠をつくって、羽をつけて、針金を隠す装飾までは私が担当。
残りのデコはイチコにしてもらいました。

試行錯誤してできた羽、イチコが喜んでくれてなにより…!

黒画用紙を使ったら悪魔やコウモリの羽になりそうですし、白でつくれば天使の羽にもなりそう。
仮装や変身好きな子は多いので、ハロウィン関係なくつくっても喜ばれるかも!

以上、手づくり妖精の羽でしたー!

【今回かかった金額:家にあったものでできたので0円】

●そしてごあいさつ。またお会いしましょう!

そしてこの節約遊びの連載、今回が最後になります!

家にあるもので工作したり、子どもとお菓子をつくったり、市販と手づくりで節約検証したり、とても楽しかったです!
どなたかの節約遊びのヒントになっていたらとてもうれしいです。
今まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました~!

【モチコ】

娘・イチコ(2014年3月生まれ)と、息子・二太郎(2017年2月生まれ)に日々ツッコミを入れながら生きている関西人主婦。インスタグラム@mochicodiaryで子育てあるあるを発信しフォロワー多数。著書に『育児ってこんなに笑えるんや!』、『育児ってこんなに笑えるんや! 二太郎誕生編』(ぴあ刊)。ブログ「かぞくばか」も更新中

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】