1. トップ
  2. 子育て・教育

コロナで帰省を断念。義母が放った思いもかけない言葉とは<大盛のぞみの子育て漫画>第85回

2020.07.30
  • この記事を
    シェア

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。

コロナウイルス流行中のため、帰省をやめたのぞみさん。そんな彼女に義母が放った言葉は…。

実家に帰省できなくてつらいのは私も一緒!なんで夫ばかり!

今年の帰省は諦めた今年の夏、愛媛、岡山の実家への帰省を見送りました。
春休み、ゴールデンウィークも帰らなかったのでまるまる1年帰らなかったことになります。
もう、こんなの初めて…!!
なぜコロナが流行る前にもっと帰っておかなかったのか? と後悔しております。

そうそう、それで今回描きたかったのは「残念ながら帰れないことになりました」と言ったときの義母の反応よ。

義母に電話すると

「私のかわいい息子じゃけぇ」「いやあ~あんたぁ、帰られても困るでなぁ! コロナも出とらんこんな田舎じゃし! アンタらが帰っとる言うたら皆心配するけえ帰らんでくれ。私らも年寄りじゃし身体も弱いからよォ」と、ここまでは普段通りで予測もついていたのです。

が、続けての「でも、故郷に帰れんかったらバブ夫ちゃん寂しがるじゃろうで…普段よりおごちそうつくっていたわってやってよぉ!」
この発言は謎すぎて頭に? マークが乱舞。

「自分の実家に帰れんで落ち込んでるのは私も一緒じゃ!!! なんで落ち込んでる私ばかりがダンナのケアをせねばならんのや!! 即、そっちに送還するぞ!!」と、こう思ったわけです。

コロナのせいで、ダンナの強制送還もなかなか実行できないこのご時世。

コロナおまえだけはゆるせねえはあ…年末までにコロナ消え去って欲しいな。

今年の七夕は、息子と並んで「新型コロナウイルスが消えてなくなくなりますように」と短冊に書きましたよ。

●【大盛のぞみの子育て漫画】第1回 おおらかな心が仇に!? 好みじゃない夫と結婚した理由はこちらから!

【大盛のぞみ】

Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約10万人超。2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある

のぞみ33歳。だだ漏れ日記

8万人が爆笑! すべて実話の“恥ずかしい過去”を描いた闇漫画の書籍化!!

購入
このライターの記事一覧