1. トップ
  2. 子育て・教育

卒業シーズンの集まりに!100円以下の魚釣りゲーム<モチコの節約遊び術>

2020.01.21
  • この記事を
    シェア

親子で集まる機会が増える卒業シーズン。子どもと一緒につくって盛り上がる「魚釣りゲーム」はいかがでしょう?
5歳のイチコちゃんと2歳の二太郎くんのかわいくて笑える漫画が18万人のフォロワーに愛されるモチコさんが提案してくれました。

さかなをとった女の子のイラスト

ビニール袋とストローでつくれる魚釣りゲームに、子どもたちは夢中!

今回は、数人でワイワイ遊べる節約遊びです!
昨年末に、子ども11人と大人5人で、公民館のあき部屋を使って集まったときにしたプログラムのひとつ。

子どものうち、1人は0歳なのですが、残り10人は2~8歳と、なかなかじっとしてられないお年頃。
そんな子どもたちに好評だった遊びとは…「魚釣り」!

以前もこちらの連載で「親も夢中! コスト0円の「魚釣りゲーム」で梅雨をのりきる」という記事を書いたのですが、それより簡易的なものです。

●子どもと一緒に魚をつくりましょう

まずは魚をつくります。こんな感じです!

ビニール袋でつくるさかなのつくり方いろんな袋があれば楽しそうですが、このときは小さいビニール袋のみ(荷物を減らしたかった…)。
子どもたちが思い思いの魚をつくりました。全部で25匹くらいかな。小さなビニール袋でも楽しそうでしたよー!

そして釣竿は母たちで制作。こんな感じで簡単です。

ストローでつくる釣竿のつくり方●子どもたちが大盛り上がり!キャッチ&リリースで無限に遊べる!

魚と釣竿が完成したら、あとは釣るだけ~!

魚釣りゲームで遊ぶ子どもたちひとつの釣竿で一気に何匹も釣れたり、2人で同じ魚を釣りあげたり、大人数ならではの盛り上がりでめちゃめちゃ盛り上がりました。

キャッチアンドリリースしたら無限に釣れます。
シンプルながらも子どもたちは気に入って、繰り返し遊びましたよー!

●あと片づけは簡単。材料費は100円以下。この時期の集まりに!

そして集まりがおひらきになると同時に、魚たちもお片づけ。
穴をあけたらぺちゃんこになるので、かさを減らして捨てられます。素材もビニールなので軽い…! ありがたや。

イベントのときなど一時的に遊ぶにはこの魚釣り、ぴったりです! 繰り返し遊ぶときは以前紹介したさかなつりが向いているかなと思います。

そして材料は以下のように家にあるものだけなので、合わせても100円以下。
・魚の数分のビニール袋
・ストロー
・糸
・ガムテープやテープ
・油性ペン

このときにした遊び、もうひとつ盛り上がったものがあるので、次回紹介しますね。
卒業シーズン、こういった集まりの参考になりますように!

【今回かかった金額:材料費:100円以下】

●子育てって笑えるんや!モチコさんの育児漫画が14万人に愛される理由はこちらから!

【モチコ】
5歳の娘、2歳の息子に日々ツッコミを入れながら生きている関西人主婦。インスタグラム@mochicodiaryで子育てあるあるを発信しフォロワー多数。著書に『育児ってこんなに笑えるんや!』(ぴあ刊)。ブログ「かぞくばか」も更新中

このライターの記事一覧