子どもの夢!長~い紙に無心でお絵描き<モチコの節約遊び>
2019.06.25

とうとう梅雨。小さな子どもがいる家庭では、雨が続くと屋内遊びのバリエーションが尽きてしまいがち。
「そんなときに最適なおうち遊びは…お絵描きでした!」と教えてくれたのは、インスタグラムの育児漫画が17万人のフォロワーに愛読されているモチコさん。

今回は少し工夫して「大きな紙でお絵描き」に挑戦してくれました。

大きな紙でお絵描き

公園で遊べない雨の週末は、大きな紙でお絵描きすればストレスなし!

5歳のイチコ、2歳の二太郎の間でお絵描きが今、ブームです!
今回は、ひと味違った「大きな紙でお絵描き」をしてみました。

●余ったカレンダーをはり合わせてお手軽に「大きい紙」づくり

まず大きな紙づくり。年末にもらいまくって溜まっていたカレンダーをはり合わせてつくりました。
ここでポイントなのは、カレンダーの日付面をセロテープではり合わせること。日付面をはり合わせることで、引っくり返したら、テープのはられていない大きな白い紙ができるんです!

今回は6枚つなげてみました。サイズはなんと、約102cm×114cm! イチコ大興奮。

イチコ大興奮ケンカになるといけないので二太郎の分もつくりました。二太郎は悪いけど4枚はり合わせで。紙がズレないようテープではり合わせるの、結構めんどいねん、ごめん。紙置くスペースもないし、サイズの違い、君はそんな気にしないやろ…!

私は余っているカレンダーが使いたくて紙をはり合わせる方法をとりましたが、100均で売ってる模造紙を使ってもいいかもしれません。その方が簡単やし。

●大きな紙なのに、絵は意外と小さくまとまってしまった!?

続いてお絵描きです。
テーブルを部屋のすみに寄せ、巨大な紙を床に置き、紙の角をテープで床にはって動かないようにして、お絵描き開始!

画材はいつもの鉛筆、色鉛筆、クレヨン。紙はしっかりしてるし、大きいし、絵の具でもいいかもと思ったのですが、片づけやら洗濯やら考えたら躊躇してしまって。
とりあえずいつもの画材で楽しんでもらいました。

さて大きい紙、イチコはどんな絵を描くのかな~と思ったら…。

ちなみにプリキュアを描いてました普段よりは大きいけど…カレンダー1枚サイズ! ちなみにプリキュアを描いてました。

「もっと広い面で大きく描いたら?」と声をかけると、「だってここは空だから! 空は大きいでしょ!」と怒られました。確かに…。

まあ紙が大きいからって大きく描く必要はないですもんね。ただ私がはり合わせた意味は…いやいや、そこは考えない。イチコが楽しんでくれたらそれでいいの!

そして黙々とお絵描きすること15分…。
「疲れたー! 今日は終わり! 続きは明日!」というイチコの終了宣言で、とりあえず今日のところは終了。思ったより飽きるの早かった…!

●「大きい」より「長い」が子どもの心に刺さった!

翌日も同じ紙でお絵描きをしたのですが、始める前はやる気まんまんでも、途中で飽きるらしく、この日も下半分に絵を描いて15分程で終了。

2日かけて描いたのはこれくらい。

2日かけて描いたのはこれくらいうーん、思ったより食いつきが悪い。なんでやろ?

…と、ふと気づいたのです。
イチコ、紙を踏まれるのを嫌がります。
ということは…くっつけた紙の上半分を切り離して、横にくっつけて、長ーい紙にしたら描きやすいかも!
イチコの反応は…

横に長ーい紙のお絵描きに変更ということで、横に長ーい紙のお絵描きに変更。
すると、今までと集中力が全然違う! そしてノリノリ!
幼稚園雑誌やひらがな表を出して、それをお手本に描き続けます。

●梅雨は長ーい紙でいつものお絵かきをもっと楽しく

そしてできた作品…というか、お絵描きを終えた様子がこちら。

お絵描きを終えた様子がこちら長!
楽しんでもらえたようでよかったです。
そして紙のサイズですが、初めに使った縦にも大きい紙だと、おそらくイチコは紙の全体をつかめなかったんだと思います。

以前子どもの片づけの本に、「子どもの視野は大人より狭い」とありました。お絵描きで手元に集中するとなると、さらに狭くなるはず。その結果、紙の大きさを生かせなかったのではないかという予想…。

大きい紙で絵を描くときは、広い空間で、画材も筆など一気に描けるものにした方がいいんやろなぁ…。そのうち再チャレンジしてみよう!

梅雨のお家遊び、いつものお絵描きとは違うサイズの紙でのお絵描きはいかがですか?
余ってるカレンダーがあれば、めちゃめちゃ消費できますよ!

【今回かかった金額:家にあるものでできたので0円】

【モチコ】
5歳の娘、2歳の息子に日々ツッコミを入れながら生きている関西人主婦。インスタグラム@mochicodiaryで子育てあるあるを発信しフォロワー多数。著書に『育児ってこんなに笑えるんや!』(ぴあ刊)。ブログ「かぞくばか」も更新中

このライターの記事一覧