<モチコの節約遊び>紙コップ相撲は大人も子どもも盛り上がる
モチコ
2019.05.21
  • この記事を
    シェア

ゴールデンウィークでお金を使いすぎてしまった後の休日や、雨が降ってどこにも行きたくない午後…そんなときに、室内で盛り上がる遊びのご提案です。子どもと一緒に昔懐かしいトントン相撲で遊んでみませんか?
プチプラで楽しい遊びを考えてくれたのは、インスタグラムの育児漫画が16万人超のフォロワーに愛読されているモチコさんです。

プチプラで楽しい遊び

紙コップ製のトントン相撲で2歳児も5歳児も盛り上がりまくり!

今回は、来たる梅雨に備えて家遊び。トントン相撲をつくって遊んでみました。
…と、いかにも自分でやりましたみたいな言い方しましたが、発案者はばぁば(私の母)です。ありがとう!

●子どもと一緒にお相撲さんを工作しよう

さて、まずお相撲さんをつくります。
定番のお相撲さんなら厚めの紙を二つ折りにしますよね。

しかし、ばぁばプロデュースのトントン相撲のお相撲さんは…なんと、紙コップ製!
春、お花見やピクニック、バーベキューで余った紙コップはありませんか?
収納時にちょっとかさばるこれをお相撲さんにしちゃいます。

材料とつくり方はこちらです。

【材料】

・紙コップ
・画用紙(または落書き帳)
・クレヨン、マジックペン
・セロハンテープ
・土俵となるあき箱

【つくり方】

つくり方紙にお相撲さんの顔・手・まわしを描いて、切って紙コップにセロハンテープではるだけ!

完成したものがこちらです。

二つ折りのよりかわいい二つ折りのよりかわいい…!
描きやすいし個性も出ますね~。

●取り組み1:二太郎の海 VS イチコの富士

さて、このお相撲さんをお菓子のあき箱の上に並べ、いざトントン相撲!
両手の人差し指で箱をトントンして、「お相撲さんが箱の下に落ちたら負け」というシンプルルールです。

まずは二太郎とイチコです。
はっけよーい…のこった!

両者吹っ飛ぶ両者吹っ飛ぶ~! 引き分け!

この展開にイチコは「二太郎がちゃんとできひん!」とお怒りモードです。おっしゃるとおり…。

●取り組み2:イチコの富士 VS ばぁば山

ということで、次はイチコ対ばぁば。
はっけよーい…のこった!

両者組み合って、戦います。ばぁばが優勢!
イチコ土俵際粘ります! 粘り…粘り…。

イチコ土俵際粘りますセコい手を使ったイチコのお相撲さんが粘っている間に、ばぁばのお相撲さんが落ちました…。イチコの勝ち…なのか!?

●工作から取り組みまで、子どもも大人も楽しいトントン相撲、ぜひ!

こんな感じで相撲の取り組みはグッダグダでしたが、イチコも二太郎も終始楽しそうでした。
Eテレで、オリジナルのイス同士が戦うお相撲がありますよね…(大人の事情で詳しくは書きませんが)。あんな感じで、お相撲さんを工夫したらもっと楽しいかも。武器なんか持たせてみたり!(もはや相撲ではない)

取り組みも、ルールがわかるようになったらなかなか楽しめそうです。
トーナメント方式や、本物の相撲のように全当たりで白星黒星をつけるなど、取り組みも工夫できそう!

もし家に余っている紙コップがあれば、ぜひトントン相撲、つくって遊んでみてくださいね。

【今回かかった金額:紙コップ代10円】

【モチコ】
5歳の娘、2歳の息子に日々ツッコミを入れながら生きている関西人主婦。インスタグラム@mochicodiaryで子育てあるあるを発信しフォロワー多数。著書に『育児ってこんなに笑えるんや!』(ぴあ刊)。ブログ「かぞくばか」も更新中

育児ってこんなに笑えるんや! 育児ってこんなに笑えるんや!

イチコちゃんがかわいくて、おもしろすぎると話題☆“笑いのショー"で子育ての疲れや不安も吹き飛ばせること間違いなし!