1. トップ
  2. インテリア・収納

昼に使って、生活をちょっぴり優雅に!「イギリス流」キャンドルの楽しみ方

  • この記事を
    シェア

これまで海外7か国に住み、海外事情や異国文化に関する執筆も多いイギリス在住のライター、ボッティング大田朋子さん。今回は、イギリスの家庭でインテリアによく取り入れられているキャンドルについてレポートします。
ぜひ参考にして、キャンドルを日常に取り入れてみませんか? 揺らめく炎を眺めるだけでも、温かい気持ちになれるもの。気分を上げて、寒い冬を乗りきりましょう。

キャンドル

夜だけでなく、昼にも!イギリス家庭のキャンドル使いをマネしたい

海外で友人宅におじゃますると、毎日の生活のなかにキャンドルをうまく取り入れているなあと感心させられることがたびたびあります。生活をちょっぴり優雅に演出したり、気分を盛り上げる道具として、キャンドルをうまく使っているのです。

キャンドルは日常私も日常的にキャンドルを使えるようになりたいと思っていたので、今ではマネして、毎朝家の2か所にロウソクをともすのを日課にしています。
わが家には洗面所や台所など、1日に何度も行く場所なのに、日中でも光があまり入らなくて暗い部屋があります。薄暗いところは、どうしてもさみしい感がただよってしまいますが、ずっと電気をつけておくのももったいない。というわけで、そんな暗めの部屋にロウソクをつけて、ついでにアロマオイルを垂らすようになったのです。

ロウソクにアロマオイルをプラスほのかな明かりが癒しになるし、アロマの香りのおかげで気分もほぐれて、一石二鳥! 前までは部屋が暗いのが気になっていたのが、今では暗さがかえっていい感じにまで思えてきたほど。
マッチやアロマオイルをオシャレな小物入れに入れるとはいえ、人気ブランドのキャンドルは、お値段もはります。そこで私は、毎日使ってももったいなく感じない程度のリーズナブルな値段のキャンドルを、キャンドル立てを活用して、すてきに見せるようにしています。
キャンドル立てを活用毎日キャンドルを使うのが面倒くさくならないコツは、マッチやアロマオイルをオシャレな小物入れに入れて、キャンドルの近くに飾っておくこと。一緒に使うものは分散させず、一か所にまとめると手間が省けます。

私は日本から持ってきた漆のお菓子箱と、キャンドルに見せかけてじつは中にマッチを入れられる小物入れに、マッチを入れて使っています。

友人はコショウなどの調味料の空きビンのラベルをかわいくアレンジして使っていました。好きなインテリアに合わせて、工夫してみても楽しいかもしれません。

LEDキャンドルライトちなみに、子どもたちが家にいるときは、火を使わないLEDキャンドルライトを使っています。LEDキャンドルは帰宅が遅くなるときや、「電気をつけっぱなしにするのはもったいないけど、入ったときに真っ暗なのはイヤ」という部屋にも、かなり使えます。
暗い部屋に淡い明かりがあるだけでホッとしますし、ほのかな香りが迎えてくれるのっていいものですよね。

●教えてくれた人
【ボッティング大田朋子さん】

同志社大学商学部卒。ドイツ、インド、メキシコ、アルゼンチンで外資勤務、起業の後、2011年からスペインへ。現在イギリス在住。執筆参加著書に『値段から世界が見える!日本よりこんなに安い国、高い国 』(朝日新書刊)など多数。英国人パートナーと多言語を話す息子、娘の4人暮らし。ブログ「世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て」を更新中

値段から世界が見える!日本よりこんなに安い国、高い国 (朝日新書)


世界20ヵ国のさまざまな「お値段」を徹底解明。「そんなものがなぜ高いの?」「これがそんなに安いとは!」という素朴な興味を入り口に、「いくつかの国が共通で抱える悩み」や「その解決への取り組み」を浮き彫りにします。

このライターの記事一覧