「無印良品の家」に暮らす人が頼るランドリーアイテム!やっぱり定番が使えるね
2017.12.20
  • この記事を
    シェア

日々お気に入りのおしゃれなグッズに囲まれて生活したいけれど、おしゃれなものは機能的でないこともあります。とくにランドリー用品は便利な分、見た目が派手でインテリアから浮いてしまったりします。

そんなときにおすすめなのが無印良品。ランドリーアイテムもスタイリッシュかつ機能的なんです。でも「品ぞろえが豊富で、どれを買ったらいいのかわからない!」という人のために、達人がおすすめのアイテムをピックアップ。
教えてくれたのは、無印良品の家に住み、『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』の著書である藤田あみいさん。コスパ&使い勝手のいい、今買うべきランドリー用品についてたっぷり語ってもらいました。

無印良品に囲まれて生活する達人が、頼れるランドリーグッズをピックアップ

●コスパよし!オールステンレスハンガー

オールステンレスハンガーまず、おすすめしたいのがオールステンレスハンガー。わが家は大と小の2つを持っています。普段は大の方を使用し、洗濯物の量が多いときに小を追加し、ダブル使いします。

オールステンレスハンガーこちらの商品の優れているところはなんといってもその耐久性。よくあるピンチハンガーは、ピンチ部分がプラスチック製のものが多く、日に当たると劣化して割れてしまうことが。このオールステンレスハンガーは5年間使い続けていますが、ひとつもかけることなく、今日まで現役で働いています。大サイズは3500円。丈夫で長持ちするので、コストパフォーマンス最強のアイテム。ピンチもたくさんついているので、3人分の下着や靴下もおまかせ。
・オールステンレス角型ハンガー・大 縦35.5×横56.5cm ピンチ28個付 ¥3500
・オールステンレス角型ハンガー・小 縦28×横35.5cm ピンチ18個付 ¥2500

●アルミハンガーをストール収納に

アルミハンガー無印良品にはじつにさまざまな種類のハンガーが売られていますが、そのなかでも特に便利なのがこちらのアルミハンガー。本来はパンツやスカートを重ねてつるすものですが、わが家ではストール類をつるして収納するのに使っています。

アルミハンガーはさみジワも気になるところですが、これのいいところは、ピンチ部分が大口なところ。ほどよく広範囲を挟んでくれるので、跡がつきません。また、細身なフォルムもポイント。複数持っていると、省スペースなのに大容量の収納が実現できます! ストール類はカゴなどに入れてしまうと迷子になりがちですが、これならアイテムを見渡せ、選びやすい点もお気に入り。
・アルミハンガー・パンツ/スカート用 3段・縦38.5×横35cm ¥1050

●大事な服はポリプロピレンハンガーに

ポリプロピレンハンガー

ポリプロピレンハンガーポリプロピレンハンガーも優秀な一品。立体的な構造なので、襟元や肩など形崩れさせたくない服をつるすのに重宝。スーツをたくさん持っている人に特におすすめです。ポリプロピレンなので、見た目もすっきり優しく、主張しすぎないので、インテリア的にもまとまりがでます。次の日に着る服をあらかじめコーディネートしてかけておく…という使い方も便利!
・ポリプロピレンハンガー・婦人用・ピンチ付 幅40cm ¥260

見た目も機能も優れた3アイテム。面倒な洗濯もこれらを使うことで、テンションが上がります! ぜひ生活に取り入れて、そのよさを実感してみてくださいね。

●教えてくれた人
【藤田あみいさん】

東京都在住、32歳。イラストレーター。夫ののっぴ(42歳)、娘のてーたん(3歳)、愛犬のみみ子(0歳)と暮らす。家をはじめ、家具、食器、日用品など暮らしのほぼすべてが無印良品。著書に『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート』(KADOKAWA刊)

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート


ぜんぶ無印良品で生活したら、どんな毎日になるんだろう?家具選び、模様替え、出産…2度の春夏秋冬を経験した夫婦の、リアルな暮らしをご紹介します!