もう探さない収納!「無印良品」のスケルトンアイテムで、まるっと大成功です
  • この記事を
    シェア

2017.12.03

生活感をカバーしようとものをしまい込んだものの、どこにあるのかわからない、元の場所に戻せない…という人も多いのでは? そんなストレスフルな収納問題を解決したのは、ミニマリストで整理収納アドバイザーのやまぐちせいこさん。無印良品のアイテムを活用したとのことです。どんなアイテムをどのように活用したのか、その収納法を教えてもらいました。

その収納法を教えてもらいました

選んだのは無印良品のスケルトンアイテム!中身が見えるので、ものが把握しやすい

選んだのは無印良品のスケルトンアイテム今までは生活感を出さないよう、隠す収納にこだわっていたというやまぐちさん。でも、どこになにがあるのかわかりにくかったので、無印良品のアクリルケースやワイヤカゴを使って、中が見える「スケルトン収納」に仕組みを一新。「シンプルなデザインだからオープン収納に組み合わせても雑然としないし、外から見てなにが入っているのかわかりやすいんです」。

●こまかい文具はアクリルケースに

以前は木箱に入れていたという家族共有の文具は、使ったあとにあちこち置きっぱなしのことが多かったそう。そこで無印良品の3段のアクリルケースを導入。「文具を使用頻度順に上から入れています。開けなくても、どこになにがあるのか一目瞭然。家族もしっかり定位置に戻してくれるようになりました」。

こまかい文具はアクリルケースに上段にはのりとステープラーをイン。

中段にはテープやSDメモリーカードを。中段にはテープやSDメモリーカードを。

下段にはふせんやシールを収納。下段にはふせんやシールを収納。

・重なるアクリルケース 横型3段 縦17×横25.5×高さ10cm ¥2500

●メイク用品はペンスタンド&ワイヤカゴに

メイク用品はペンスタンド&ワイヤカゴに今までメイク用品はポーチに入れていたというやまぐちさん。「中身がゴチャついて探しにくく、気がつくと汚れていることも多かったので、思いきってポーチをやめ、ワイヤカゴに変更しました」。さらにアクリルのペンスタンドを仕切りに使い、綿棒やファンデーション、アクセサリーを収納。ステンレスペンホルダーにはペンシルやハサミをイン。「立てて入れられるので、片手ですぐ取れて便利。ゴソゴソ探す手間がなくなり、メイクもスムーズにできるようになりました」。

・18―8ステンレスワイヤーバスケット3 縦37×横26×高さ12cm ¥2300、アクリルペンスタンド 縦4.5×横5.5×高さ9cm ¥150、ステンレスペンホルダー・1本用 全長4.8cm ¥315

●重たい紙の収納にもワイヤカゴがおすすめ

重たい紙の収納にもワイヤカゴがおすすめ浅いワイヤカゴを2個使用し、2種類のコピー用紙をそれぞれに入れてスタッキング。「持ち手を内側に入れて重ね使いできるのもこのワイヤカゴのいいところ。網目に指をかければ、スッと引き出せるので、重いものでも力がいりません。残量チェックも簡単です」。

・18―8ステンレスワイヤーバスケット2 縦26×横37×高さ8cm ¥2000

●コード類は浅いファイルボックスに

パソコン1台分のコード類を収納ポリプロピレンのファイルボックス1個にパソコン1台分のコード類を収納。「ファイルボックスは細かいものを入れると、迷子になることも。最近登場したハーフサイズのファイルボックスなら深すぎず、細かいものが探しやすいんです。半透明だから、ちゃんと戻っているかも確認できます。浅い分、通常のファイルボックスに比べて軽いので、子どもも扱いやすいんです」。

・ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ・1/2 縦32×横10×高さ12cm ¥390

●ワイヤカゴはさびにくいので、水回りでも活躍!

ワイヤカゴはさびにくいので、水回りでも活躍!ワイヤカゴを洗面所に置き、洗濯カゴとして活用中のやまぐちさん。同じものを3つ使用し、まだ着るもの、色もの、白物で分類しています。「中が見えるので、洗濯量や洗うタイミングが把握しやすいです」。

・18―8ステンレスワイヤーバスケット5 縦37×横26×高さ24cm ¥2900

●生活感が出がちなものはワイヤカゴでカバー

生活感が出がちなものはワイヤカゴでカバー食品のストックは色が鮮やかで、生活感が出がち。「生活感を隠しつつ、家族にもわかりやすい収納にしたかったので、ここにもワイヤカゴを。ほかのカゴに比べて目が細かく、ほどよく生活感をカバーしつつ、中身が見える絶妙なデザイン。在庫のチェックもすぐできます」。右から、鍋敷き類、粉もの&乾物、お菓子、コーヒー豆を収納。

・18―8ステンレスワイヤーバスケット3 縦37×横26×高さ12cm ¥2300

ワイヤカゴやアクリルケースなど、無印良品のスケルトンアイテムを使うことで、探しやすく、元に戻しやすい収納が可能に。家族の「あれどこ?」もなくなります。ESSE新年特大号では、このほかにもさまざまな無印良品のアイテムを活用したテクニックを紹介しています。使いにくさを感じている場所から、参考にしてみましょう。

●教えてくれた人
【やまぐちせいこさん】

4LDKの一戸建てで家族4人と暮らす。ミニマムな暮らしをつづったブログ『少ない物ですっきり暮らす』を更新中。著書に『無印良品と始めるミニマリスト生活』(KADOKAWA刊)など

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部>

2018年1月号増刊・新年特大号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村 佳乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ESSE (エッセ) 新年特大号 2018年 01月号 [雑誌]
価格:770円(税込、送料無料) (2017/11/27時点)

楽天からご購入希望の方はコチラ


無印良品と始めるミニマリスト生活


おうちにある無印良品で今すぐマネできる!365日、「すっきり」が続く部屋のつくり方