1. トップ
  2. インテリア・収納

牛乳パックが植木鉢に変身。捨てるともったいない不用品3つ

ESSE編集部
2020.01.20
  • この記事を
    シェア

収納グッズが欲しくなっても、すぐに買うのは待った! 普段なにげなく捨てているものや、家にあるものをリメイクすれば、便利でおしゃれなアイテムになるんです。

たとえば牛乳パックやラップの芯。そんな不用品を、すてきなアイテムに変身させてしまう簡単ワザをご紹介! 人気ブロガーの柳美菜子さんに教えてもらいました。

牛乳パックで作った植木鉢
牛乳パックが、植木鉢に!

牛乳パックなど不用品をリメイク。収納&インテリア雑貨ができた!

かわいい雑貨を見つけたら、まず家にあるもので、どうやってつくろうかな? と考えるという柳さん。
「たとえば牛乳パックは容器として活用できるうえに、水気に触れても大丈夫。家を見渡してみれば、優秀な素材がいっぱいあるんです」

●牛乳パックで植木鉢

水に強い牛乳パックは、リメイクして植木鉢に。ツールも一緒に入れ、おしゃれにディスプレーします。
「パックに巻く紙は、柄が透けない厚さであれば、包装紙でも色紙でもOK。文具入れにし、デスク回りで使うのもおすすめです」

【材料】
牛乳パック(1L)1個

【つくり方】

植木鉢のつくり方(1) 牛乳パックのフタの両サイドを開き、フタ部分の四すみに切り込みを入れる。

(2) フタ部分を重ねるようにフタの内側に両面テープをはり、折りたたんで筒型にする。

(3) (2)の半分の高さのところに、カッターで1面だけ残して横に切り込みを入れる。

(4) (3)で残した1面側に、切った上部を折る。重なる部分に両面テープをはり固定する。

(5) (4)に両面テープをはり、厚紙(10×43cm)を巻く。

●針金ハンガーで壁かけフック

壁かけフックにストールと帽子をかける針金ハンガーをペンチでアレンジするだけで、壁面を飾りながら、帽子やストールを収納できるフックに!
「左右をつぶすときは、ペンチを先端から少しずつ動かしていくとラクです」

【材料】
針金ハンガー1個

【つくり方】

壁かけフックのつくり方(1) 針金ハンガーの左右10cmずつをペンチでつぶして、重ねる。

(2) (1)でつぶした部分の先端から5cmを垂直に折り上げる。

(3) 両手で左右を握り、立体感を出すように手前に寄せる。

(4) フックの先端をペンチでつけ根につけ、輪をつくる。壁に画びょうなどでつるす。

●ラップの芯でタオルハンガー

ラップの芯で作ったタオルハンガーにタオルをかける芯にひもを通すだけの簡単タオルハンガー。クローゼットにつるして、ストールなどファッション小物をかけても便利です。
「キッチンクロスやタオルかけに大活躍しますよ」

【材料】
ラップ芯(22cm)1個

【つくり方】

タオルハンガーのつくり方(1) ラップ芯の左右の図の位置に、カッターで0.5cmの切り込みを入れる。

(2) 麻ひもを芯の穴に通し、(1)の切り込みに引っかけ固定する。

(3) 好みの長さにひもを調節し、丸く結ぶ。壁にフックや画びょうなどでつるす。

<撮影/山川修一 イラスト/細川夏子 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【柳美菜子さん】

大阪府在住。あき箱や卵の殻など、身近なものをかわいくリメイクしたインテリア雑貨をブログで紹介し大人気。著書に『かんたんDIYでつくるおもてなしインテリア』(扶桑社刊)など

かんたんDIYでつくるおもてなしインテリア

100円アイテムや廃材など安くて身近な素材を使って、可愛い雑貨をかんたん手づくり。シチュエーション別に、すぐできる素敵なインテリアをご提案します!

購入