理想の家をイメージするには?夫の趣味の荷物は?こんまりさんに聞いてみた
2017.10.28
家のものを「ときめくかどうか」を基準に片づける手法が評判となり、アメリカの『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」にも選ばれた片づけコンサルタントの“こんまり”こと近藤麻理恵さん。わかりやすく親しみやすい語り口で、ESSE読者からの支持も絶大です。

片づけにまつわるいろんなお悩みに、こんまりさんが回答!

ここではESSE読者から寄せられた、ちょっとした片づけの悩みについて、こんまりさんに答えてもらいました。片づけがなかなか始められない人、夫のものや子どものものの処分で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて。

こんまりさん

●理想の家のイメージがどうしてもわきません。ヒントはありますか?(東京都・33歳)

自宅でいちばん好きなコーナーを見つけて、もっと好きになるにはどうしたらいいか考えてみて。まずそのコーナーを片づけたりお気に入りの雑貨を飾ってみると、ときめき度が上がります。本当に好きなものがわかってくると、イメージも広がりますよ。

●こんまりさんが家でいちばん気をつかっているのはどこですか?(神奈川県・43歳)

キッチン、洗面所、お風呂、トイレなどの水回りです。ここをクリーンな状態にしておくと精神衛生上もいいです。あとは、お気に入りの家具のホコリをはらうとか、まめに床掃除をするとか、ときめく空間にするためにお手入れにいちばん気をつかいます。

●お子さんの服やオモチャはどんな基準で選んでいますか?(福島県・30歳)

もちろん、ときめき基準ですが、子どもの服は毎日の気分でいろんな色を選びたいので、片寄らないよう注意しています。ちなみに、頭の片すみでは収納スペースの容量を思い浮かべているので、子ども服もオモチャも入る分しか買いません。

●夫の趣味の荷物が多くてすごいストレスです。減らしてもらうにはどうすれば?(埼玉県・38歳)

単に「減らして」ではなく、ここからここまでならOKと夫の収納場所を認知してもらうことが大切。それ以上増やすのは無理ですよ、とはっきりルール決めできるように、夫婦できちんと話し合いましょう。

●子育てをしていて、疲れたときのリフレッシュはなにをしていますか?(長野県・39歳)

娘を出産してから圧倒的に自分の時間がなくなってしまったので、意識的に娘が寝ている間に、そのときしかできないことをするようにしています。ヨガをしたり、本を読んだり、集中してやりたいことをすると、頭が切り替わってすっきりします。

●得意の片づけを仕事にしたいんです。なにから始めればいいでしょうか?(愛知県・40歳)

ひとつは、身近な人のお宅を片づけて口コミでつなげていく方法。もうひとつは、片づけに関するいろいろな資格のなかから、自分に合ったものを選び取得するというもの。それを肩書にブログやSNSなどで発信し、活動を始める人も多いですよ。

●教えてくれた人
【近藤麻理恵(こんまり)さん】

片づけコンサルタント。著書『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版刊)が42か国で刊行が決定し、米『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出される。夫、娘2人とアメリカに在住。近著に『人生がときめく魔法の片づけノート』(扶桑社刊)がある

<取材・文/ESSE編集部>

人生がときめく魔法の片づけノート


床が見えないゴミ部屋をホテルのスイートルームのように劇的に変える片づけコンサルタント。2015年、米国「TIME(タイム)」誌 世界で最も影響力のある100人に選ばれました!


人生がときめく片づけの魔法


「一度片づけたら、二度と散らからない方法」について書いた本。「そんなことはありえない!」そう思った方にこそ、読んでいただきたい本です。