ニトリのカラーボックス3種類で、洗面所に完璧な収納ができた!
2017.09.14
  • この記事を
    シェア

広くないわりに置きたいものが多い洗面所は、どう収納すればいいのか悩んでしまいがちです。そこでESSEが注目したのは、インスタグラマーyuccoさん。「ニトリのカラーボックスで洗面所に家族全員の衣類や衛生品をしまう」というシステム収納をつくりあげたyuccoさんに取材し、詳しく話を聞いてみました。

yuccoさん

カラーボックスを巧みに使って、収納の悩みをゼロに!

yuccoさんが愛用!洗面所などの狭い空間にも便利に使える、ニトリのカラーボックスと組み合わせるべきアイテムをご紹介します。

●使ったのは3種類のカラーボックス

「いまやカラーボックスは約175cm丈のものなど、高さのあるシリーズも豊富。一方で奥行きは30cmと変わらないコンパクトさで、狭い場所に置く”収納家具”としてとっても役に立つんです!」と語るyuccoさん。使用しているのは、見慣れているレギュラーの3段タイプを2台と、幅はレギュラーサイズと同じで高さが175cmある6段タイプを2台、中央に仕切りのある高さ175cmサイズを1台です。

3種類のカラーボックス「中央に仕切りのあるものは夫婦のものを分けるのに便利。右は私、左は夫の下着やくつ下類を入れています。夫からも取り出しに迷うことがなくなったと、好評です」。

背の低いカラーボックス一方で背の低いカラーボックスにはお子さんの衣類を収納。「子どもはまだ小さいですが、片づけを通して判断する力を身につけてほしいと思い、自ら片づけられるよう、取り出しがシンプルでわかりやすいロッカー式にしました。棚板をすべて外し、100円のつっぱり棒をつけています」。

インボックスまた隣はカラーボックスにサイズがぴったりのニトリのインボックスを使い分け、肌着類を収納。ラベルは絵柄にして、小さい子どもでもわかるようにしています。

●カラボにぴったりサイズの収納小物に、便利な小引出しタイプが登場!

小引出しタイプカラーボックスとサイズを合わせたボックスが多様にあるニトリですが、ついに引き出しタイプも登場。yuccoさんは、日焼け止めやデオドランド剤など家族で使うこまごました日用品をしまうのに使っています。「こうしたものは大きなボックスだと取り出すときに探すのが大変。そこで1ジャンル1ボックスにできる小分けの引き出しがとても役立っています」。

●専用パーツの引き出しを取りつけて、キッズコーナーに

専用パーツの引き出しニトリのカラーボックスには、組み合わせることで使い勝手をアップさせるアイテムが豊富。yuccoさんは、ボックス以上に高見えする引き出しをつけたカラーボックスで、リビングにキッズコーナーをつくりました。

専用レールを固定「すでに側面に穴があいているので、穴の位置をあわせてネジで専用レールを固定し、引き出しをはめるだけ。ひとりで組み立てましたが、とても簡単であっという間に完成しました。中央にはワイドのカラボ用の棚板を同じようにネジで固定。プレイテーブルができて息子も喜んでくれ、イスに座って遊ぶようになりました」。

進化して、暮らしに合わせて使い方をカスタマイズできるようになったカラーボックスで、おトクに理想の収納をかなえませんか。ESSE10月号では、じつは知らないカラーボックスの便利な使い方や組み合わせたい便利グッズをもっと紹介しています。あわせてそちらもチェック!

●教えてくれた人
【yuccoさん】

働きながら効率よく家事をこなす収納の工夫や、時短で終わる家事のコツをインスタグラム(@yucco___home)で投稿して人気に。夫、息子と4LDKの戸建てに暮らす。

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

ESSE(エッセ)2017年10月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/木村 文乃

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!