書類を入れるだけじゃもったいない!【100均】ファイルケースのワザあり収納術
2017.06.16
  • この記事を
    シェア

ファイルケースは本来、書類を収納するためのもの。でもじつは、家庭で小物を片づけるのにとても便利に使えるのです。

ファイルケース全景整理収納アドバイザーの甲島慶子さんが自宅で実践している、100均のファイルケースを使った収納方法を教えてもらいました。「書類を入れるだけじゃもったいない!」と感じてしまうほど、アイデアいっぱいです。

ファイルケースで細かいものから形がいびつなものまで、便利にコンパクトに収納!

●バラつきがちな小物を、省スペースで収納

ラッピング袋ラッピング袋は、サイズがまちまちで、しかもツルツル滑るため、キレイに収納するのが難しいアイテムです。わが家では、バラバラにならないよう、クリップで束ねて、リボンとともにファイルケースに入れ、本のように立てて収納しています。こうすると在庫管理もしやすくなるメリットも。

雑多に収納すると、ほかのものにくっつくこともあるシール。専用のファイルケースを用意して、まとめて入れてしまいましょう。

●使うときをイメージして、セットで収納

ストロー子どものお友だちが遊びに来たときに、お菓子とジュースを出すことを想定して、ストローと紙ナプキンをファイルケースにまとめています。ファイルケースに収納すれば、ホコリも気になりません。

お手紙セットこちらは、子どものお手紙セット。子どもはテーブルにケースごと持ってきて、お手紙を書いています。お手紙に使うペンなどを一緒に収納してもいいですね。

●不揃いなものを、収まりよく四角く収納する

お菓子づくり型わが家では、キャラ弁づくりの道具もファイルケースに入れています。型と、ピンセット&小さなハサミをまとめて収納。ケースがパカッと開けられるので、選びやすく、重宝しています。

排水掃除セット
書類を入れるだけじゃもったいない!
排水パイプを掃除するためのブラシだって、ファイルケースに収納できます。以前はチャックつき袋に入れていましたが、ファイルケースに変更したら、収まりよくスリムに収納できるようになりました。

こんなに便利なファイルケースですが、「取り出して、フタを開ける」必要があるため、手に取るまでのアクションの数がやや多くなります。ですから、毎日使うモノではなく、“たまに使うモノ”を収納するのがベター。今回ご紹介したもの以外にも、いろいろと活用できると思いますので、いろいろ試してみてはいかがでしょう。

●教えてくれた人
【甲島慶子さん】

整理収納サービスGirasol―ヒラソル―主宰。整理収納コンサルタント。千葉・茨城県内にて整理収納サービスを提供。子どものいる家庭の整理収納を得意とする。夫と小学生の娘2人の4人暮らし。ブログ「☆整理収納コンサルタントの楽ちん収納術☆Girasol~ヒラソル~」を更新中