マスキングテープで春らしい部屋を!コード収納やスイッチプレートが激おしゃれに
2017.04.10

 マスキングテープをはるだけで、インテリアや雑貨がぐっと引き立つアイデア集をご紹介。春らしい季節感を取り入れて、お気に入りのカラーや模様をインテリアにちょいたししてみませんか?教えてくれたのは、マステを使ったおしゃれな部屋づくり達人のみなさん。切ってはるだけなので、特別な道具やテクニックは不要です。また、少しだけ余っていて使い道に悩んでいたマスキングテープを有効活用することもできますよ。

インテリアや雑貨をマスキングテープを使って彩る

●写真やポストカードを壁に飾るときのフレームに
セリンさん(埼玉県)

写真やポストカードを壁に飾るときのフレームに「お気に入りの写真やポストカードは、マステをフレーム代わりにして壁にペタ!」。写真の四すみだけで固定したり(右上)、一部の辺や四辺を留めたり(左上・左下)、輪にしたマステで裏からはり、さらに写真を囲むようにフレーム風にしても(右下)。はり方だけでなく、マステの色や、ストライプにドットといった模様もおしゃれに使い分けています

●味気ないキャンドルが巻くだけでランクアップ
柳美菜子さん(大阪府)

味気ないキャンドルが巻くだけでランクアップ実用的なアルミカップ入りミニキャンドルの周りに巻くと、ポンと置くだけで絵になるアイテムに。「安全のために、カップからはみ出さないよう、サイズの合ったマステを巻くのがポイントです」。マステの模様はゴシック風のパターン、リボン、キャンドルが描かれているものを利用

●マステと麻ひもで手軽にミニガーランド
A.Kさん(神奈川県)

マステと麻ひもで手軽にミニガーランド窓辺やドア回りを飾るガーランドも、マスキングテープなら真ん中で折ってはり合わせるだけ。「ビビッドなビタミンカラーの無地をアクセントに使うと、全体がまとまります」。長さ7cmほどに切ったマスキングテープの半分のところに麻ひもなどを置き、ひもをはさむようにしてマスキングテープをはり合わせる。端は好みの形に切っても

端は好みの形に切っても

●木製ピンチもモダンにチェンジ
manaさん(北海道)

木製ピンチもモダンにチェンジ雑貨屋で人気の木製ピンチも、マステと相性バツグン!「ピンチの長さに合わせたり、好みの長さに切ってはるだけ。はみ出した部分は、そのまま側面にはれば気になりませんよ」

●プランタープレートをかわいく色分け
M.Kさん(東京都)

プランタープレートをかわいく色分けシンプルなプランタープレートにマステをはれば、雰囲気がガラリと変わってはなやかに。「水をはじくので、花やハーブの名前は油性ペンで書いて。プレートは花屋でもらうか、厚紙などでつくっても」。色違いの方眼パターンでまとめることで、統一感を出します

●マステボーダーでペットボトルを花ビンに
ヤッシーさん(新潟県)

マステボーダーでペットボトルを花ビンにペットボトルが、マステマジックで花ビンに再生。「ラベルをはがし、好みの位置にボーダー状に1周ずつはるだけ。はり始めの位置をそろえ、きれいな面を前にして飾ります」

●シンプルな画びょうをポップに変身
fogliaさん(神奈川県)

シンプルな画びょうをポップに変身金属製の画びょうをくるむようにはると、ぐっとポップに。「柄をきれいに出すには、細かいストライプやドットなどがおすすめ。手触りもソフトになっていい!」

●壁に沿わせたコードをはってウォールデコ風に
H.Kさん(茨城県)

壁に沿わせたコードをはってウォールデコ風にコードを固定したいときは、「少しずつ重ねて幅広にしたマステを双葉型に切り、コードを茎に見立てて壁にはって。双葉の分かれ目部分を太めにすると、コードが安定しますよ」

長さ15cmのマスキングテープを幅1/3くらいずつずらしながら6枚ほど重ねては長さ15cmのマスキングテープを幅1/3くらいずつずらしながら6枚ほど重ねてはり、双葉など好みの形に切り取る

●マステを巻いたおめかしハンガー
R.Hさん(高知県)

マステを巻いたおめかしハンガーハンガーに1周ずつ巻いたり、ランダムにはりつけたり。「同じ柄でもはり方で表情が変わって新鮮!ストライプなどは、線の位置を合わせるときれいに仕上がります」

●スイッチプレートを壁のワンポイントに
Y.Sさん(広島県)

スイッチプレートを壁のワンポイントにスイッチ部分を避けて、プレート全体にマステをペタペタ。「サーモンピンクとパステルピンクなどと、同系色でまとめて、真ん中にドットなどの柄を入れるとアクセントに。汚れたらすぐにはり替えられるのも、手軽でうれしいですね。」

 いかがでしたか。使い方がますます進化するマスキングテープの活用アイデア。手軽に楽しんでみてはいかがでしょう。

<撮影/大森忠明、山川修一(つくり方)>