【from シアトル】アメリカ流・ゴミ箱の置き方!数を絞って隠せば毎日が快適に
Noriko
2017.01.27
  • この記事を
    シェア

 アメリカ・シアトルに住んで十数年。エディター&ライターとして活躍するNorikoさんに、現地で話題のフードやライフスタイルにまつわる情報を届けていただきます。今回は、アメリカ流、目からウロコのゴミ箱の置き方についてご紹介。

 ゴミ箱がわが家のインテリアを台なしにしてしまっている人、ゴミ箱をどこに置くべきか迷っている人は参考にしてみてはいかがでしょう。ゴミ箱に対する固定観念も変わるかもしれません。

収納スペースが充実!アメリカ西海岸の住宅事情

 これまでアメリカ西海岸ではさまざまなタイプの家に移り住みましたが、日本にいたころにあれほど悩み深かった収納について、困ったことは一度もありません。まず、日本では憧れの的となるウォークインクローゼットのような広々とした収納が、アメリカの家ではそこかしこに備えつけられています。そのうえ、そこに入りきらない大物は、屋根裏や地下の部屋、もしくは屋外の物置に押し込むことが可能。

 そのおかげで、日本のように、狭いスペースを細かく仕切って、パズルのようにぎっしりすき間なく収納するという発想はなくなります。

プライバシーを大切にするから!?アメリカではゴミ箱を隠して収納

プライバシーを大切にするから!?アメリカではゴミ箱を隠して収納 なんでも収納に入れ、人目につく場所には私物を置かないアメリカ人。プライバシーを大切にするお国柄でしょうか。なんとゴミ箱まで、収納に入れて隠してしまいます。昔は私も他人の家だと、どこにゴミを捨てたらいいのかわからずに戸惑いました。でも、大抵の家庭でゴミ箱は同じ場所にあるのです。それは、台所と洗面所!

台所と洗面所にごみ箱が キッチンではシンク下のキャビネット、バスルームでは洗面台下のキャビネット。扉を開けるとゴミ箱が現れます。

ゴミ箱を隠す、は慣れると意外に快適!部屋がすっきり見える!

 わが家でも、キッチンとバスルームのキャビネット内にだけゴミ箱を置いています。日本ではどの部屋にもゴミ箱を1つずつ置いていた私。そのほうが便利だという固定観念がありました。でも考えてみたら、ほかの部屋でゴミが出たところで、キッチンかバスルームに行くついでに捨てればよいだけの話。たとえどんな豪邸でもキッチンかバスルームは複数配置されるなどして、常に身近にあるものですよね?

 ゴミ箱を置くスペースがあく分、部屋はすっきりし、汚いものを自分も他人も見なくてすみます。皆さんもゴミ箱収納、ぜひお試しを!

【Noriko】
 アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する。著書に『アメリカ西海岸ママ~日本とは少し違うかもしれない、はじめての妊娠&出産~』(海外書き人クラブ刊)