1. トップ
  2. インテリア・収納

クローゼットを「つるす&かける」でより広く使うワザ!

2017.02.05
  • この記事を
    シェア

 年末年始のセールやバーゲンで洋服を買い込んで以来、クローゼットが大混雑。ずっとカオス状態に!着たい洋服が簡単に見つからないうえに、ざっくりと詰め込んでしまっているので、服のシワも気になる…。そんな悩みを抱えていたら、一度この時期に、クローゼットのリセットをしてみてはいかがでしょう。その際には「つるす」&「かける」を心がけたしまい方を取り入れてみても。これまでデッドスペースで使い切れなかった余白も、きっちりと使いこなしやすなります。

 おしゃれなうえに効率的な収納を実践し、テレビや雑誌などさまざまなメディアでもアイデアを発信しているmegruさんに、ご自宅のクローゼットについて詳しく伺ってみました。簡単にマネできるワザありのDIYも参考になります。

「つるす」&「かける」でクローゼットはより広く使えます!

「つるす」&「かける」でクローゼットはより広く よく着る洋服は、基本的に「かける」「つるす」ことにしているというmegruさん。服の数や場所を把握できて管理しやすくなるだけでなく、利用できるスペースもぐっと広くなって収納力がアップするといいます。さまざまな収納テクニックを教えてくれました。

●ストールやマフラーもポイッと簡単にかけるだけ!

ストールやマフラーもポイッと簡単にかけるだけ!ホームセンターで好みの長さにカットしてもらったポールと、ポールを支える金具を両面テープではり、ストールかけを設置。「いちいちたたまずに、かけるだけで収納できるので、戻すのもラクです」
●ベルトはフックにかけてひとまとめ

ベルトはフックにかけてひとまとめ クローゼットの棚板用についていた既存のダボ穴を利用し、IKEAで購入した丈夫なフックを設置しています。「しっかり固定されるので、バックルが重めのベルトも安心してかけられますよ」

●着た服のハンガー置き場があれば、探す手間なし!

着た服のハンガー置き場があれば、探す手間なし!扉裏に粘着フックを取りつけ、その日に着ていく服をかけていたハンガーの一時置き場にしています。「帰ってきたときにあいたハンガーを探すのは面倒なもの。これならクローゼットにしまう際に、すぐにかけられるからスムーズです」

●パンツは三つ折りにしてコンパクトかつ美しく

パンツは三つ折りにしてコンパクトかつ美しくたたんで引き出しに入れると、折りジワになることもあるパンツ。そこでmegruさんは、三つ折りにしてハンガーを使ってかけて収納することにしています。シワになりにくいうえに、省スペース化にも。「スカートと長さを合わせると、見た目もすっきりしますよ」

●かさばる帽子やネックレスは扉裏にフックでかける収納に

帽子やネックレスは扉裏にフックでかける収納にケースに入れるとからまりやすいロングネックレスは、かける収納が便利。「ニット帽は、先端が丸まったS字フックにかければ、傷みませんよ」

●S字フックとチェーンでハンガーバーを二段に

S字フックとチェーンでハンガーバーを二段につるしたスカートの下のデッドスペースが気になっていたmegruさん。ホームセンターで調達した材料で一段増設して二段バーにDIY。三つ折りにしてかけたパンツ類の下段に、スカートをかけています

[材料]

チェーンとそれがとおる大きさの穴があいたポール、S字フック、キーリングを用意。チェーンは好みの長さに調節を。キーリングでチェーンとポールをとめて固定しておくと、チェーンがズレるのを防げます

●教えてくれた人
【megruさん】
東京都在住。夫と2人家族。シンプルでまねしやすい収納アイデアを紹介したブログがランキング上位をキープ。著書『メグメグのシンプルかわいい片づけ生活』(主婦と生活社刊)も話題に。ブログ「メグメグの好奇心♪♪ 収納インテリア」。

<撮影/難波雄史>

メグメグのシンプルかわいい片づけ生活

機能的な収納アイデアとていねいな暮らし方のヒント。北欧テイストのシンプルでかわいい部屋づくりのコツを一挙公開!