1. トップ
  2. インテリア・収納

50歳からのリビング片づけ。まず手放したいもの5つのリスト

2021.08.07

人生が100年あるとしたら、50歳は折り返し地点。「今後は、もっとシンプルに暮らしたい」と願う人に向け、50歳から本格的にミニマムな暮らしをスタートさせたという、カナダ在住のミニマリストでブロガーの筆子さんが実感する、リビングから撤去した方がいいものを5つ教えてもらいました。

リビングにソファ
50代から見直したいリビングのもの(※写真はイメージです)

50代から見直したいものリスト<リビング編>

ほっとひと息ついたり好きなテレビを見たり、ゆっくり過ごしたいリビングですが、もののふきだまりができやすい場所でもあります。本当はもう必要ないのに、つい何年も何十年も放置しがちなものと、その片づけ方をご紹介します。

●その1:飾りもの

置物の隣にカレンダー
筆子さんの自宅のすっきりとしたディスプレイコーナー

50代の人は、それなりに長く生きているため、思い出のある品物をたくさんもっています。自分で買った記念品、友人からもらったお土産、結婚式の引き出物。部屋に飾って楽しむものもたくさんあるでしょう。

私の母のように、なんとなく箸置きや洋酒の小瓶、招き猫の置き物を集めている人もいるかもしれません。

このような飾り物を、これでもか! とあちこちに飾っていませんか? 飾りすぎると、焦点がぼけるし、見た目にノイズになるし、掃除も面倒だし、いいことはひとつもありません。お気に入りのものだけを残して、ほかは処分をおすすめします。捨てられないときは、季節ごとにローテーションさせて飾るといいでしょう。

ものを飾るコーナーをひとつに決めてしまうのも飾りすぎないコツです。

●その2:写真とアルバム

箱にたくさんの写真とアルバム
筆子さんが所有する紙焼き写真のすべて。娘さんがプレイスクール時代の先生がつくってくれたアルバム(右)は大事に保管

写真やアルバムも、思い出品の代表だから、知らないうちにたくさんたまっているかもしれません。とくに、今50代以降の人は、紙焼き写真がたくさんあり、いまだに整理しきれていない人もいるでしょう。

アルバムも写真もそんなに大量にはいりません。思い出は心の中にちゃんと残っていますから。

この際、似たような写真や、写りの悪いもの、だれが写っているのか思い出せない写真は、全部処分してはどうでしょう? 本当に大事な写真だけを、少しだけ残せば、分厚いアルバムで、本棚が埋まることもありませんし、見たい写真を見たいタイミングですぐに手に取ることができますよ。

●その3:あまり視聴しないメディア

CDやDVDは、今後も何度も聴いたり、見たりするものだけを残してください。また、ビデオテープやMDディスク、フロッピーディスクといった、古いメディアももう捨てましょう。だって、使わないですよね?

ついでに、普段あまり使わないDVDプレーヤーや、新しいものを買ったのに、まだもっている古いプレーヤーも手放しましょう。そのとき、マニュアルやコードなどの付属品も一緒に処分することも忘れずに。

本音を言えば、CDやDVDは、全捨てしてもいいぐらいです。今は、ほとんどの家庭で、ストリーミングサービスを利用して、音楽を聴き、映画を見ていると思いますから。

●その4:中途半端にもっている収納グッズ

重ねられたケース
(※写真はイメージです。以下同)

こまごまとしたものを整理するために買ったケースやカゴがそのへんに転がっていませんか?

半分ぐらいしかものが入っていない収納雑貨や、すぐに中身を思い出せない入れ物はこの際見直して、本当に使うものだけ手元に残してください。中途半端にたくさんもっている収納グッズは、まったく収納グッズをもっていない状態よりたちが悪いと考えています。

収納グッズがあると、ついそこに、どうでもいい雑貨を入れるため、雑多なものが増えます。とくにリビングは、家族が集まり、それぞれが、思い思いのことをするため、「どこにしまったらいいのかわからない小物」や「処分を先延ばししているもの」が集まってしまいます。しまい場所の定まっていない小物が、収納グッズの中に放り込まれ、部屋がスッキリしません。

収納グッズを捨ててしまえば、厳選してものを所有できるようになります。もちろん、見た目もスッキリしますよ。

●その5:テーブルの上のもの

リビングにソファとテーブルちゃぶ台、コーヒーテーブル、こたつなど、居間にテーブル状のものを置いている人が大半だと思います(わが家にはありません)。このテーブルの上にあるものを見直してください。リモコン、老眼鏡、新聞、郵便物の束、化粧品、ハンカチ、お菓子など、雑多なものをのせていませんか?

テーブルは、ものを置く場所ではありません。食事、または作業に使う台です。

普段、どんなことにテーブルを使っているか考えてください。ものをたくさんのせていると、食事、喫茶、その他の作業をさっとすることができないし、見た目もよくありません。長年、ものをたくさんのせっぱなしで、なんの作業にも使っていない。そんなテーブルなら、処分した方が生活の質が上がります。

リビングは家族が集って、休息し、ゆったりとくつろぐ場所です。本当に使うものや大事なものだけを残し、残りの半生を楽しく過ごしましょう。

●教えてくれた人
【筆子(ふでこ)さん】

1959年生まれ、カナダ在住。60代のミニマリストな主婦ブロガー。夫と娘の3人家族で娘は独立し現在夫と2人暮らし。人気ブログ「筆子ジャーナル」では持たない暮らしに関する情報を発信。著書に『1週間で8割捨てる技術』(KADOKAWA刊)、『買わない暮らし。片づけ、節約、ムダづかい……シンプルに解決する方法』(大和出版刊)など

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア