1. トップ
  2. インテリア・収納

グリーンは飾る場所を絞るべし。すっきり涼しく暮らすコツ

ESSE編集部
2021.08.27

暑さを少しでも和らげるように、夏のインテリアは涼しさを感じられる工夫を盛り込むのが正解です!
部屋にさわやかさをとり入れるコツや毎日の習慣など、人気インスタグラマー・maiさんに、今すぐマネしたい涼感アップアイデアを教えてもらいました。

夏にとり入れたい!すっきり涼しく暮らす習慣

風や植物、香りなど自然の心地よさを大切にしているというmaiさん。夏をさわやかに過ごす習慣を紹介します。

●1:朝起きたら家の空気を入れ替える

空気の入れ替え
朝のさわやかな空気をたっぷりとり込む

寝室、階段、リビングと、2階から1階に下りながら家じゅうの窓やドアをあけて換気。気持ちのいい朝の風をとり入れ、よどんだ空気をリフレッシュします。

●2:グリーンは場所を絞って飾る

ポトスとボトルツリーキッチンカウンター前のスペースには、ポトスとボトルツリーを。大きな鉢と小さな鉢で、軽快なコーナーをつくっています。

グリーン用のミストスプレー植物のお手入れに欠かせないグリーン用のミストスプレーは、イケアのカゴに入れて目立たないように収納。

●3:夜はすっきり系のアロマでさわやかに

アロマディフューザー寝室でのリラックスタイムのお供は、無印良品の香り。
「寝る前の時間にユズや緑茶のお香をたいたり、アロマディフューザーにヒノキやかんきつ、ラベンダーなどの精油を垂らして、暑さの疲れをリフレッシュします」

ガラスの香立てダイニングに置いたガラスの香立ても、涼しさを演出するのにぴったり。

まだまだある!涼感アップのすっきりワザ

見た目を整えるのはもちろん、さわやかな香りを楽しむなど、五感で涼しさを感じる工夫も効果的です。

●1:ハッカオイルを駆使して清涼感をプラス

ふき掃除週に一度、ハッカ油1滴を垂らしたバケツの水でふき掃除。
「ひんやりしたミントの香りが部屋じゅうに広がり気持ちよく過ごせます」

●2:部屋に出すものは最小限に。入りきらなかったものはココに収納

リビングの収納庫こまごましたものはリビングの収納庫にイン。生活感を徹底して隠すことがすっきりのポイント。

季節家電大きな季節家電などは中2階の納戸スペースに。

●3:キッチンマットを透明にしてすっきり見せる

クリアマット汚れやすいキッチンは、水や汚れに強いPVC素材のクリアマットを愛用。
「汚れてもサッとふけるし、見た目も涼しげ。値段も3000円くらいで劣化しないので、とても優秀です」

朝いちばんの心地よい風や、清涼感のある香り…想像しただけでも涼しさを感じられそう。マネしてみたいアイデアがあったら早速試してみて。毎日を快適に過ごしましょう。

<撮影/合田和弘 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【maiさん】

夫、長男の3人家族で、2017年に購入した戸建てに暮らす。インスタグラム(@yu.ma0836)では、シンプルでセンスのいい、すっきりインテリアを紹介

  • この記事を
    シェア