1. トップ
  2. インテリア・収納

ものを減らして体感-5℃!暑い夏もすっきり過ごせる部屋づくり

ESSE編集部
2021.08.25

暑い日が続くなか、家で過ごす時間も増えている今こそ、見た目も気持ちも涼しくさわやかになるインテリアに注目です!
暑い夏を快適に、楽しく乗りきる部屋づくりのコツを、人気インスタグラマー・maiさんに教えてもらいました。

お外リビングで夏を満喫!ものを減らす軽やかな部屋づくりで体感-5℃!

大きな模様替えをせずに、五感で涼しさを感じられる工夫をするのがmaiさん流。夏の部屋づくりでとくに心がけているのは、よけいなものを置かずに部屋をすっきり見せることだそう。
週末に開放するウッドデッキは、お外リビングとしても大活躍! 夏ならではのイベントを楽しむなど、暑い季節を快適に、楽しく過ごす工夫が盛りだくさんです。

●ラグとテーブルでリビング感を演出

ウッドデッキリビング
季節を感じられるとっておきの場所

新築の際につくったデッキテラスは、プチリゾート気分が味わえる憩いの場。
「ラグをしき、イスとテーブルを並べるだけで第二のリビングに。ときにはキャンプ用テーブルを出してご飯を食べたり、子どものプールを出したり、家族で楽しんでいます」
ハッカ油、エタノール、水を混ぜたスプレーを網戸に吹きかけて、虫よけ対策も万全に。

ウッドデッキに椅子とラグラグは、引っ越し前の家で使って余っていたもの。イスとテーブルはニトリで購入。お金をかけずお気に入りのスペースに。

●サンシェードで気になる日差しをカット

サンシェードデッキで過ごす日は、日よけが欠かせません。
「ホームセンターのカインズで買ったフックに、シェードを結んで固定。シェードはネットで見つけた3000円くらいの安いものですが、取り外しがラクで日よけ効果も満点。日陰ができて、リビングの暑さもやわらぎました」

ダイニングは見えるものを最小限に。“夏らしさ”を楽しんで涼しく

あまりの暑さに食欲も衰えがちな夏。元気に乗りきるためには、食卓を涼しげに整えるアイデアも必見です!

●テーブルにはティッシュと除菌スプレーだけ

テーブルダイニングテーブルの上は頻繁に使うもの以外、置きっ放しにしないルールを徹底。
「仕事で使うものや細かい日用品は、リビングの収納庫や横のワークコーナーに収納して、ものがない空間を保っています」

●手づくりの冷たいドリンクでひんやり

ココアドリンク牛乳、ココア、エスプレッソ、ガムシロップ、氷をミキサーでシェイク。
「お店風にアレンジできるホイップクリームも重宝します」

梅シロップ夏前に仕込んだ梅シロップは炭酸で割って飲むのがお楽しみ。
「青梅と氷砂糖各1kgに、酢を20ccほど加えると、すっきりした味わいに」

寝室は余計なものを徹底的になくしてすっきり

暑いなかでも快適な眠りを得るために、寝室も夏仕様のすっきりインテリアに!

●グレーの壁紙と白い寝具で夏もぐっすり

ベッド快眠できるインテリアを目指し、通気性がいいすのこベッドを採用。壁はシックなグレーのアクセントクロスで落ち着いた雰囲気。
「雑多なものはクローゼットに収納。視覚情報を減らし、気持ちよく眠れるようにしています」

どんなに暑さが厳しくても、あの手この手で涼しさを呼び込むアイデアは、どれも参考になるものばかり。ぜひ取り入れて、暑い夏を乗りきりましょう!

<撮影/合田和弘 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【maiさん】

夫、長男の3人家族で、2017年に購入した戸建てに暮らす。インスタグラム(@yu.ma0836)では、シンプルでセンスのいい、すっきりインテリアを紹介

  • この記事を
    シェア