1. トップ
  2. インテリア・収納

布ガーランドで殺風景なウッドデッキを明るくハッピーに

2016.11.06
  • この記事を
    シェア

こんにちは、モデルのAYUMIです^^ 旦那さんと2人の子どもの4人家族☆ 日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体にいいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていただけるとうれしいです♪
<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>

 わが家のウッドデッキにかけてある布製ガーランドは、生地が色あせたらつくり直し、今のもので3代目。1年ほど経ち、雨にさらされ布の色味も抜けてきて、そろそろ新しいガーランドをつくりたいなぁ~なんて思いつつ、なかなかできずじまい。そんな先日のお休みの日、娘はお友達が来て子ども部屋で遊びに夢中、息子はサッカーに行っている…「今だ!」とばかりにガーランドをつくり始めました(笑)。

ハッピーな気持ちになれるカラフル布ガーランド

カラフル布ガーランド つくり方はとっても簡単!まず、リネンの生地やコットンの生地を二等辺三角形に切ります。味になるので、三角形は切りっぱなしのままで使っています。前回つくったときに、型紙にあわせて切っておいたガーランドの生地が残っていたので、それを使用しましたよ。

三角形は切りっぱなしのまま https://esse-online.jp/?attachment_id=30502

三角形は切りっぱなしのまま 幅が広めのひもを半分に折り、その間に三角の布をはさみながら、ミシンで縫い合わせていくと、もうでき上がりです♪

ミシンで縫い合わせ ウッドデッキに結びつける部分は、ひものみの状態30~50センチ残しておくと柱に結びつけたりできます。今回は2本つくりましたよ☆

ひものみの状態30~50センチ残しておくと柱に結びつけたりできます 新しいガーランド、気持ちいいなぁ♪ハッピーな雰囲気にしてくれて、かわいいですよね☆ウッドデッキ以外にも、子ども部屋にかけたり、お誕生日会の飾りにしたり、キャンプにも持って行って飾ったりと、いろんなシーンで楽しめますよ。子どもがまだ小さいうちは、つくり続けていきたいと思っています。

【AYUMI】
ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードやスーパーフードの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)などがある。

さいしょは、フルーツ

雑誌や広告、テレビで活躍中のファッションモデル・AYUMIさんの「ゆるやかナチュラルライフ」を解剖したエッセイです。


おしゃれなのに、簡単! 92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング

初心者でも無理なくできる料理ばかりです。キッチンの設営方法や持って行くと便利なものなども、解説。これからキャンプを始めたい方、必携の一冊です!

このライターの記事一覧