1. トップ
  2. インテリア・収納

便利すぎる100円「ドアポケット仕切り」。コンロ横の小さな引き出しにぴったりでした

2021.05.12

家事や収納に便利なアイテムが多数そろう100円ショップ。人気で品ぎれになることもあるアイテムといえば、仕切りシリーズです。
冷蔵庫用の小さなドアポケット仕切りを、冷蔵庫とは別の場所で活躍させているのは大阪の整理収納アドバイザー・ichigoさん。そのアイデアを詳しく教えてもらいました。

引き出しに調理グッズなど
あの小さな引き出しに、ぴったりでした

100円ショップで人気沸騰中の「ドアポケット仕切り」の意外な使いみち

ダイソーを中心に、ほかの100円ショップでも取り扱いがある仕切りシリーズ。S、Mサイズに加え、最もコンパクトな「ドアポケット用仕切り」が販売されています。

ドアポケット仕切り「本来は、冷蔵庫のドアポケットなど広くて深い収納スペースを仕切るためのもの。好きな位置で引っかけて固定できるため、倒れやすいケチャップやマヨネーズを立てたまま収納できる優れものです」

冷蔵庫にマヨネーズなどichigoさんは、冷蔵庫内でもう1か所この仕切りを使っています。

冷蔵庫に納豆「豆腐や納豆は無印良品のポリプロピレン整理ボックス4に収納しているのですが、残量に合わせてこの仕切りを動かすことで立てた状態をキープ。寝かせて積み上げると賞味期限が見えませんが、こうすれば一目でわかるので便利です」

●コンロ横の細長い引き出しにセット!調理器具が取り出しやすい

このドアポケット仕切りは、冷蔵庫の外でも大活躍。ichigoさんのおすすめは、システムキッチンによくある細長い引き出しで使う方法です。

引き出し奥行きがある細長い引き出しは、お玉やフライ返しを入れるのにぴったりのサイズ。

「ただ、サイズ違いの調理器具が複数入っていると柄が重なったり、短い器具が下に沈んでしまったりすることも。取り出しにくさを感じていたので、ここにドアポケット仕切りをつけてみたらぴったりでした!」

左右にひとつずつセットして、箸置きのように柄部分をのせると調理器具どうしが絡まずスッキリ。

「わが家の引き出しは幅9.5cm、奥行43cm、高さ14cm(内寸)。横も上も引っかからず、快適にあけ閉めできています。お玉は毎日使うので、とり出しやすくなり家事がスムーズになりました」

引き出し前からこのタイプの引き出しは、調理器具のほか塩などの調味料収納にもよく使われている場所。この仕切りをうまく使えば、「あけ閉めでボトルが倒れる」といったお悩みも解決できそうです。

たった100円で取り入れられるichigoさんの収納アイデア、ぜひお試しください。

●教えてくれた人
【ichigoさん】

ラク家事を追求する整理収納アドバイザー。大阪在住。「片づけ」「家計簿」「手帳」で楽しみながら暮らしを整えている。個人宅の整理収納サポートでは悩みをヒアリングし、ひとりひとりの暮らしに合った収納とラク家事アイデアを提案。ブログ「ぽかぽか日和」ではラク家事のコツや収納テクニックなどを日々更新中。

<取材・文/佐藤望美>

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア