1. トップ
  2. インテリア・収納

つっぱり棒やトレーを活用。使いやすい洗面所収納をつくるワザ

ESSE編集部
2021.06.09

ただでさえ狭いのに、化粧品や日用品、電化製品…など、ものが増えがちな洗面所。忙しい朝はついものが出しっぱなしになり、なかなか片づいた状態を保てません。

そんな洗面所収納のお悩みを、3人の収納のプロ、本多さおりさん、七尾亜紀子さん、yukikoさんに解決してもらいます。

洗面所はものが増えがちなうえ、出しっぱなしでごちゃつく…解決策は?

家族それぞれに必要なものが違ううえ、収納スペースも限られている洗面所。収納グッズもうまく活用し、すっきりと整理することを心がけて。

●毎日使うものは出しっぱなしでOK!カテゴリーで分けましょう(本多さん)

歯ブラシなど
まとめておけば片づけが便利

歯ブラシや洗顔料など、毎日使うものは出しっぱなしのままに。来客時だけさっと片づけられるよう、カゴにまとめておくと便利。濡れるものは、通気性のあるカゴにまとめるのがおすすめです。
ただ、使わないものまで出したままにするのはNG。ほかに置き場所をつくるか、手放すことを考えてみて。

●壁面やデッドスペースをフル活用しましょう(yukikoさん)

洗面所鏡裏歯ブラシやコップ、ヘアブラシなど洗面台で使うアイテムは、すべて扉裏などに壁面収納することで、すっきり見えて掃除もしやすい洗面所に。

洗面台下洗面下は配管が通っていて、デッドスペースが生まれがち。あいた空間につっぱり棒をつけて収納を増やし、ストック類を収めます。

●カゴやトレーでまとめてすっきりさせて(七尾さん)

洗面台鏡下スキンケアグッズこまごまとしたアイテムはカゴやトレーにまとめれば、出したままでもすっきり。まとめることで、掃除のときに移動しやすいのも利点。

カゴスプレーなど洗面下の扉は、ファイルボックスやカゴを駆使し、派手なパッケージを目隠し。ボトルはつめ替えてラベリングし、見た目も自分好みに。

<ストックはボードで管理>

ホワイトボードメモストック品は、表はグレーで裏は黒のマグネットにラベリング。ボードにはって管理します。なくなったら裏返す仕組み。買い物メモにもなって便利。

1日のスタートを気持ちよくきるためには、いつも整理整頓された洗面所をキープしたいところ。限られたスペースを最大限に活用して、使いやすい洗面所収納を目指しましょう。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【本多さおりさん】

片づけが無理なく続く収納術を提案する整理収納コンサルタント。現在の住まいは65㎡のマンション。近著に『暮らしをまわす‐ためず、まよわず、よどみなく‐』(エクスナレッジ刊)

【七尾亜紀子さん】

整理収納や時短家事コンサルティングサービスを提供する「LIFEWITH」代表。ワーママとして家事と育児に奮闘した経験をもとに、時間がなくても効率的に片づけられる仕組みを考案

【yukikoさん】

ルームスタイリスト1級、整理収納アドバイザー1級。夫と4歳の娘、愛犬と暮らす。ムダを排したシンプルな生活をつづったブログ『ほんとうに必要な物しか持たない暮らし』が人気

  • この記事を
    シェア