1. トップ
  2. インテリア・収納

あえて食器棚は使わない。皿、調味料などのキッチンすっきり収納術

ESSE編集部
2021.06.10

キッチンはとくにものが多い場所。調理道具から食器、調味料まで、雑多なものがいろいろあります。形もバラバラでしまいにくいうえ、よく使うものは取り出しやすくしておきたいなど、収納が難しいところです。

そんなキッチンで困りがちなアイテムを使いやすく収納するには? 3人の収納のプロ、本多さおりさん、七尾亜紀子さん、yukikoさんに、読者のお悩みを解決してもらいました。

キッチンの困りもの1:鍋・フライパン

「毎日使うので取り出しやすい場所に置きたいけど、収納に適した場所がない」という声が多いアイテム。仕方なく食器棚の上に置いている人も多いようです。

●立てて収納すれば取り出しやすさアップ(yukikoさん)

鍋フライパン
立て収納なら取り出しやすくてしまいやすい!

取り出しやすいよう、鍋やフライパンは1つずつファイルボックスに立てて収納。パッと見てわかるので、管理もラク。出しにくくなってしまうので、重ねるのはNG!

●毎日使うものは出しっぱなしでOK(七尾さん)

コーナーにフライパンコーナーラックを使い、コンロの横へ。毎日使うものなので、油がはねても使ったあとに洗えばOK。取っ手の取れるタイプを選ぶのも、コンパクトに収納するコツ。

キッチンの困りもの2:お皿・コップ

「お皿やコップのサイズや見た目がバラバラ」「たくさんあって収納しづらい」という声が。統一感がないと、ごちゃついて見えがち。

●あえて食器棚はもたずにゾーンごとに分けて収納(本多さん)

シンクの下に食器など食器棚をもたず、シンク下の引き出し2か所に収納。左はカトラリーやコップ、右にはお皿やお椀を。シンク下なら乾いた食器をすぐにしまえるので、片づけもラクです。

●収納スペースを決め入る分だけにする(yukikoさん)

キッチン収納食器の収納スペースを決めて、入る分だけをもつように。愛着がもてないものや半端な数で使いづらいもの、取り扱いが面倒でストレスになるものは手放す対象に。

●トレーに入れて取り出しやすく(七尾さん)

コップなど棚に奥行きがある場合、直接コップを入れると奥のものが取り出しにくくなるのが難点。細長いトレーに入れ、使うときにトレーごと引き出せば、出しにくさを解決。

キッチンの困りもの3:調味料

「棚や引き出しにしまい込むと料理がしづらい」「出しっぱなしにするのも見た目が気になって…」など、置き場に困っている人が大半。

●段ボール製のボックスで汚れを気にしない(本多さん)

引き出しに調味料調理中にすぐ手が届くようコンロ下の引き出しへ。上から見てもわかるよう、キャップのフタにはラベリングを。段ボール製のボックスなら汚れも気になりません。

●小さなスペースを有孔ボードで活用(yukikoさん)

キッチンツールと有孔ボードコンロの下にある細長い引き出しに有孔ボードをつけ、棚やフックを利用した壁面収納に。小さなスペースに、スパイスやキッチンツールもすべて収まっています。

●小ぶりなサイズの調味料を購入する(七尾さん)

小さめサイズの調味料たくさんの調味料があっても使いこなせないので、買うものはよく使うものだけに。できるだけ小ぶりなサイズを選べば期限内に使いきれて、スペースもとりません。

キッチンに関する悩みのなかでも、とくに「置き場所に困る」という声が多かった3つのアイテム。達人の工夫を参考に、自分にあう方法を取り入れてみてください。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【本多さおりさん】

片づけが無理なく続く収納術を提案する整理収納コンサルタント。現在の住まいは65㎡のマンション。近著に『暮らしをまわす‐ためず、まよわず、よどみなく‐』(エクスナレッジ刊)

【七尾亜紀子さん】

整理収納や時短家事コンサルティングサービスを提供する「LIFEWITH」代表。ワーママとして家事と育児に奮闘した経験をもとに、時間がなくても効率的に片づけられる仕組みを考案

【yukikoさん】

ルームスタイリスト1級、整理収納アドバイザー1級。夫と4歳の娘、愛犬と暮らす。ムダを排したシンプルな生活をつづったブログ『ほんとうに必要な物しか持たない暮らし』が人気

  • この記事を
    シェア