1. トップ
  2. インテリア・収納

ごちゃごちゃリビングもすっきり!気軽に続く3つのテクニック

ESSE編集部
2021.05.24

おうち時間が長くなった今、家がちっとも片づかない! という悩みが切実に…。なかでもどうにかしたいのが、家族が過ごすリビングが散らかる問題。

ESSE読者から届いたお悩みを、3人の収納のプロ、本多さおりさん、七尾亜紀子さん、yukikoさんに解決してもらいました。

片づけてもすぐに散らかるリビング…解決策は?

がんばって片づけても、すぐテーブルや床にものがあふれてごちゃごちゃに…。きれいなリビングを維持するコツはありますか?

●ざっくり分け収納で片づけをラクに(七尾さん)

引き出しに文房具
いろいろ入れてOK!

定位置が細かすぎると元に戻すのが面倒になり、散らかる原因に。さらに当てはまらないものを適当に入れてしまい、結局ごちゃごちゃ…となりがちです。
たとえば文房具なら「よく使う文具」「たまに使う文具」といった「ざっくり分け」にすることで片づけがラクになりますよ。

●使う場所に使うものを置くという習慣をつけて(本多さん)

イスにティッシュケース散らかりを防ぐには、使う場所に使うものを置くことが大切。わが家ではテーブルの食べこぼしをふくウェットティッシュを100円ショップで購入したケースに入れ、ダイニングチェアに下げています。
片づけるまでのアクション数を減らし「使ったら戻す」が自然とできる仕組みを目指しましょう。

●「夜リセットする」など片づけのタイミングを決めましょう(yukikoさん)

「子どもの登校後」「夜寝る前」など自分の生活のなかでやりやすいタイミングを決め、部屋をリセットする習慣をつけてみて。

テレビ前に犬
ごちゃごちゃ…

片づけ前のリビングがこちらですが、すぐ元に戻せると思えば、日中の散らかりも気になりません。

テレビとカーペット
すっきり!

時間はかけず、5~10分くらいですませるようにするのも続けるポイント。

家族みんなが使う場所だけに、雑多なものが集まりやすいリビング。すっきり保つための仕組みづくりを取り入れて、居心地のいい部屋をキープしましょう。

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【本多さおりさん】

片づけが無理なく続く収納術を提案する整理収納コンサルタント。現在の住まいは65㎡のマンション。近著に『暮らしをまわす‐ためず、まよわず、よどみなく‐』(エクスナレッジ刊)

【七尾亜紀子さん】

整理収納や時短家事コンサルティングサービスを提供する「LIFEWITH」代表。ワーママとして家事と育児に奮闘した経験をもとに、時間がなくても効率的に片づけられる仕組みを考案

【yukikoさん】

ルームスタイリスト1級、整理収納アドバイザー1級。夫と4歳の娘、愛犬と暮らす。ムダを排したシンプルな生活をつづったブログ『ほんとうに必要な物しか持たない暮らし』が人気

  • この記事を
    シェア